日本銀行・黒田総裁へ、7つの緊急提言

日銀「異次元緩和」の弱点をFedウォッチャーが分析

提言3:「量的・質的金融緩和」は長期インフレ期待をターゲットにせよ

消費者物価指数(除く生鮮食料品)で2%という「物価安定の目標」の達成については、企業や家計が厳しい調整を迫られないような緩やかなペースで達成すればよい。「量的・質的金融緩和」は、実際のインフレ率ではなく、長期インフレ期待をターゲットにすれば十分である。

言うまでもないが、標準的な経済理論に従えば、経済活動に影響を及ぼすのは実質金利である。実質金利は、名目金利とインフレ期待の差によって決まる。名目金利がゼロ近傍で抑えられている場合、金融緩和を行うにはインフレ期待を高めるしかない。これが白川前体制から日銀が直面してきた問題だった。実際のインフレ率によって実質金利が決まるのではない。

提言4:「量的・質的金融緩和」がもたらす緩和効果のメカニズムを整理せよ

非伝統的金融政策が必要なのは名目金利がゼロ近傍に抑えられているためである。もし名目金利に下げ余地があるのであれば、そもそも非伝統的金融政策によってインフレ期待に働きかける必要がない。言い換えると、インフレ期待に働きかける非伝統的金融政策が効果を持つのは「名目金利が動かない」という前提の下であり、名目金利の上昇を放置すれば実質金利の低下にはつながらない。

黒田総裁は5月の会見で、長期金利の上昇には「景気回復や物価上昇期待の要素」と「巨額の資産買入れによるプレミアムの圧縮」という相反する要素があると説明している。だが、金融緩和による物価上昇期待が長期金利を上昇させてしまうと言ってしまっては、元も子もない。

次ページFRBも金利ターゲティングを捨てていない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT