女子社員がこっそり教える職場ランチ処世術

昼食時の単独行動はどこまで許されるのか?

また、悩んでいても相談してこないスタッフがいる場合、きっかけをつかみやすいように、休憩室でランチを食べているときにあえて近くの席に座ったり、一緒のテーブルに座ってコンビニ弁当を食べるといった工夫もしている。ランチを積極的に活用してからチームの定着率があがり、売り上げもアップしているという。

一方で、ランチタイムに談笑できるのは、余裕があるからだという意見もある。「ベテランになって、仕事は増える一方なのに、残業は抑制するように言われ、もういっぱいいっぱい。昔は同僚とランチに行くのが大好きだったけど、今はランチをしながら人と話したり、笑ったりすること自体が苦痛。知り合いと会わない店でひとりぼんやりすることで、何とか英気を養っています」と専門商社で働くG子さん。

ランチタイムこそ、ひとりで過ごしたいという人も…

「誰ともしゃべりたくないから、自分の席で食べる」「スマホをいじって『話しかけないで』オーラを出す」など、G子さんのように、一人静かにしていたという人は少なくない。またランチタイムを読書や勉強の時間に当てている人もいる。

ランチタイムといっても、そのスタイルは各社バラバラ。しかし、ひとついえることは、集団でのランチタイムにも、ひとりランチにも、それぞれメリットがあることだ。

「外回りなので通常は外で食事をしているけど、外回りでキツいことを言われるなど精神的に辛い時には、かつてのランチグループに参加して元気をもらいます」と話すのは事務職から営業職に異動になったサービス業のH子さん。

現在のように働き方が目まぐるしく変化する時代は、単独行動か集団かの二者択一ではなく、H子さんのように両方をバランスよく組み合わせることが理想かもしれない。「話が合わない」「疲れる」「時間のムダ」など、不満はあるかもしれないが、週に1~2度程度は普段の「ひとりランチ」をやめて、同期や職場の仲間を誘ってみるのもアリかも知れない。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT