女子社員がこっそり教える職場ランチ処世術

昼食時の単独行動はどこまで許されるのか?

「昔は、社員食堂があったから、みんなで誘いあってランチを食べていたけど、分社化や移転を繰り返して、今は社員食堂はない。行ける人からバラバラに行くようになったかな。それも気楽でいいけど」と話すのはアパレルメーカーで働くD子さん。

確かに、社員食堂があれば、大人数での食事も比較的簡単にできる。しかし、社食がなくなると、それに代わる場所を探すのは難しい。大人数を受け入れられる店は少ないし、休憩室もスペースに限りがあるだろう。少人数のグループかおのおので食べに行くことになる。

職場の雰囲気も、ランチタイムの過ごし方に影響している。

「毎日、休憩室で社員さん4人と私でお弁当を食べています。パートが1人だから、気遣ってくれているのかもしれません」と話すのは、外資系企業でパートとして働くE子さん。都心にある外資系企業だから、たまには素敵なレストランに行くことを期待していたが、そんな気配はまったくない。

何を話すかより、「一緒にいること」が大事

ガッカリしつつも、みんなに合わせて弁当を持参し、一緒にインスタント味噌汁やインスタントコーヒーを飲む。旅行やタレントの話などにも楽しそうに耳を傾けている。

「いつもいっしょにいると、仕事ではわからない人間性も見えてきて、どんどん仲よくなる。それにともなって、仕事のモチベーションは上がってきます。話の内容よりも、一緒にいることが重要なんでしょうね」(E子さん)

一方、最近、ランチタイムの重要性が分かってきたと話すのは、IT企業で働くF子さん。入社2年目にして、小さいながらもひとつのチームを任されている。

「入社したてのころは、お弁当を食べていましたが、それはチャンスロスでした。上司の誘いにも、アルバイトや派遣などのスタッフからの相談にも、いつでも応じられるよう、お弁当の持参はやめました」

次ページお弁当の持参を止めてからは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT