「健康ゴールド免許」、自民若手議員が提案

年金制度改革案を公表

 10月26日、自民党の若手議員らで作る財政再建に関する小委員会は、2020年以降の社会保障の在り方についての提言を公表した。写真は都内で2009年7月撮影(2016年 ロイター)

[東京 26日 ロイター] - 自民党の若手議員らで作る財政再建に関する小委員会は26日、2020年以降の社会保障の在り方についての提言を公表した。小泉進次郎委員長代行は党本部で開いた会見で、年金の受給開始年齢の柔軟化や、医療・介護面での自助を促すインセンティブ強化に向けた「健康ゴールド免許」を創設する考えを示した。

財政再建に関する特命委員会の下部組織「2020年以降の経済財政構想小委員会」が取りまとめた。27日に特命委に報告する。

「人生100年」の時代を迎えるに当たり、ライフスタイルが多様化することを見据え、年金をはじめとした社会保障に関し「一時的に痛みが伴う改革から逃げてはならない」と明記した。

年金制度は働き方の変化を踏まえ、受給開始年齢を柔軟に選択できるようにすべきとし、「長く働くほど得をする仕組み」への改革を訴えた。そのうえで、高所得の高齢者に対する公的年金等控除の縮小を提起した。

健康管理に努めてきた人に与える「健康ゴールド免許」を創設し、自己負担の3割を低くする制度も盛り込んだ。健康な人が増えれば医療費全体の抑制が見込めるため、「自己負担減によって失われる財源よりも医療費抑制によるプラスの財源が現れる」(村井英樹事務局長)という。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT