老後資産形成は「考えない」ほうがうまくいく

確定拠出年金のプロが教える投信の買い方

確定拠出年金で何を買えばいいのかあれこれ思い悩んだら…(写真:bee / PIXTA)
2016年5月24日、確定拠出年金法(DC法)改正案が成立した。これによって、これまで主に自営業やフリーランスなどの人たちと「企業年金制度」のない会社に勤めているサラリーマンだけに限定されていた利用範囲が拡大し、2017年からほぼ誰でも加入できるようになる。
今回の改正を受けて、『はじめての確定拠出年金投資』を上梓した大江英樹氏は、確定拠出年金法が施行される前から確定拠出年金ビジネスに携わってきた業界の草分け的存在である。制度のメリットや運用方法、気をつけるべきポイントを具体的に解説してもらう。

難しいことはどうでもいいから…

金融機関はなかなかすすめてくれない。だけど知らないと損をする制度、「確定拠出年金」が一冊でわかる!(出版記念セミナーのご案内はこちら

老後資産形成に最適の方法と言われるのが確定拠出年金、中でも最近、法改正があって加入できる対象者が一挙に広がった「個人型確定拠出年金」です。この制度は自分で自分の年金資産を管理・運用する制度ですから、自らが掛金をどうやって運用するかを決めなければなりません。これは個人型だけではなく、企業型確定拠出年金でもまったく同じことです。

ところが多くの人は運用などやったことがありませんから、具体的にどうやって運用すればいいか、悩んでしまいます。私は証券会社に勤めていた現役時代、確定拠出年金をこれから始める企業に出かけていって「投資教育セミナー」をやったことが何度もあります。そんなときにセミナー参加者から決まって出る質問のひとつが「難しいことはどうでもいいから、何を買えば儲かるのか教えてよ」というものでした。

次ページ分散投資と積立投資
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT