トヨタ、ホンダが探る3ナンバーセダンの活路

カギはハイブリッドにあり

新型アコードのベースモデルは昨年米国で投入された新型アコード。米国仕様はガソリンエンジン車だが、日本では、ガソリンエンジンを搭載した大型セダンの人気が低いことから、思い切ってハイブリッド仕様のみの投入とした。

トヨタ「カムリ」の日本仕様はHVのみ

ホンダに限らず、実は、ハイブリッド化による大型セダンの生き残り策は、トヨタ自動車や日産自動車などの競合も探っている。トヨタはアコードと並ぶ大型セダンの代表格「カムリ」について、2011年のフルモデルチェンジで日本国内仕様についてはHV仕様のみの設定とした。カタログ燃費は23.4キロメートル/リットル(JC08モード)だ。

トヨタ自動車が昨年末にフルモデルチェンジした新型「クラウン」(写真はアスリートシリーズ、撮影:鈴木 紳平)

また、12年末にフルモデルチェンジした高級セダン「クラウン」も、HV仕様(カタログ燃費は23.2キロメートル/リットル<JC08モード>)の価格を抑えてお得感を出し、現在では販売台数の7割程度を占める。ちまたを走っている新型クラウンは大半がHV仕様なのだ。

アコード、カムリと競合する日産の「ティアナ」も、次のフルモデルチェンジをきっかけに、日本ではHV仕様を主軸に据える格好となりそうだ。ティアナは米国仕様の姉妹車「アルティマ」が12年にフルモデルチェンジしており、日本への導入も見込まれる。日産は昨年、ティアナ級に適合するFF(前輪駆動)車用の排気量2000cc級のハイブリッドエンジンを公開、また、HVのラインナップを強化するとしている。

かつて、日本の乗用車市場で存在感を放っていた“3ナンバー”セダン。だが、今やエンジン排気量や車体サイズが大きいことだけでは、憧れの対象にならなくなっている。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT