「億トレーダー」になるには何が必要なのか

二人の株達人、「テスタ」「DUKE。」さんに学べ

成功しているトレーダーには、それぞれ得意な投資手法がある。それは、数え切れないほどの失敗を重ね、相場と向き合い、自ら導き出したものだ。実は、「億トレーダー」同士で話をしていても、お互いの手法や思考が理解しきれないことがあるという。

ではなぜ、そこまで「投資」を突き詰められるのだろうか。

もちろん、「儲けたい」という思いがモチベーションになっていることは間違いない。両氏は口を揃えて、「始めたからには、誰もが憧れる1億円を達成したいと思っていた。『億トレーダー』という言葉があるくらい、1億円のところには大きな線がある。その線を越えた時は、すごく嬉しかった」と話す。

1億円を突破すると同時に、テスタさんは全国に数百箇所ある児童養護施設に自ら電話をかけ、子供たちが必要なものを聞いて送るという寄付活動を始めた。DUKE。さんが続けてきた、子供たちに機会と夢を与える「チャンス・フォー・チルドレン」の活動支援などを、さらに活発化させたのも、資産が1億円を越えた後だ。

スポーツ選手や経営者の中にも、ある程度の成功をおさめた後、社会貢献に力を入れ始める人たちが散見されるが、トレーダーの場合は、自分の投資手法に手ごたえを感じられるのが、億というラインなのかもしれない。

自らにプレッシャーをかけ、一段高い利益を目指す

億トレーダーになった今、二人の「次の目標」はどこなのだろうか。

「株式投資が好きだから続けている。ケタがかわる10億円は目標だが、今はひとつ数字が増えても『あ、嬉しい』と思う程度。10億円を超えたら、次の目標は20億円になるのかもしれないが、遠すぎてモチベーションが続かないかもしれない。いまも、家賃などの生活水準をあげるなど、取引しなくてはならない環境を作ってトレードしている。そうしないと、寝ているほうがいいとか思ってしまう」。

そう話すテスタさんは実際、資産が1億数千万円になった時、トレードをやめたことがあった。それは、「憧れのラインを越えたことで、満足してしまったから」だという。リスクを背負いながら利益を出し続けるプレッシャーは、私たちが想像するより重いのだろう。

次ページ今後の相場を、2人の億トレーダーはどう見ているのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT