日本株は「2020年もアベマリオ」で上昇する

納得しがたいが、マーケットにはプラス

今週末は、牡馬三冠「最後の一冠」菊花賞が行われる。かつてよりも「三冠」の価値が薄れ、特に、距離が3000mと特殊な菊花賞は「早い馬が勝つ皐月賞、運のいい馬が勝つダービー、強い馬が勝つ菊花賞」と言われた一昔前の菊花賞よりも価値が落ちているように感じる。

波乱要素あるが2強中心、本命はディーマジェスティ

だが、世代トップ・クラスのサトノダイヤモンドとディーマジェスティが出走して来たので格好がついた。2頭と他馬には差があるように感じるが、何れにとっても未経験の距離であり、波乱要素はある。

2頭の取捨は、血統と脚質からディーマジェスティを取りたい。母の父ブライアンズタイムでさらにサドラーズウェルズの血が入っている同馬はスタミナ勝負になった場合の底力に不安がないし、脚質的にサトノダイヤモンドをマークして乗ることができそうで有利だ。サトノダイヤモンドに乗る名手C・ルメールにペースとコースを選んで貰って仕掛けるタイミングに集中すればいいので、蛯名騎手は乗りやすいはずだ。

サトノダイヤモンドは地力があり、対抗以下に落とせないが、2400mがピッタリの馬に見える。

二頭で決まると見るのが常識的だが、大きな波乱があるとすれば、サトノダイヤモンドが後ろのディーマジェスティを警戒して仕掛け遅れた場合の先行馬だろう。一角崩しの可能性がある単穴としてはウムブルフを買ってみたい。

加えて、何れもしぶといステイゴールド産駒のシュペルミエールとレインボーラインを押さえる。馬券的には、ディーマジェスティからサトノダイヤモンドの馬単が勝負馬券で、その他の馬に薄めに流す感じだろうか。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
台湾と中国のデジタルは違う<br>唐鳳・台湾デジタル大臣に聞く

台湾を代表する天才プログラマーの名声を得て15歳で起業した唐鳳氏。「デジタル民主主義」「開かれた政府」を体現した38歳の若き大臣が、これまでの実績、日本や中国との比較、IT教育やITの未来などについて胸の内を語りました。

  • 新刊
  • ランキング