タイでプミポン国王の肖像画が大売れ

需要に追い付かず

 10月17日、タイでは、13日に死去したプミポン国王の肖像画(写真)や記念品などが飛ぶように売れ、これらの商品を扱う商店が大繁盛している。14日撮影(2016年 ロイター/Edgar Su)

[バンコク 17日 ロイター] - タイでは、13日に死去したプミポン国王の肖像画や記念品などが飛ぶように売れ、これらの商品を扱う商店が大繁盛している。

国王の遺体が安置されている王宮近くの「肖像画通り」と呼ばれる一帯にある商店では、金色の額縁に入ったプミポン国王の肖像画が売られ、店の外には客が列をなしている。ある店主は「売り上げは70─80%増えている。需要に追い付かない。国王関連の商品なら何でも売れる」と話す。

政府スポークスマンは「国王の肖像画を撤去するような命令は出ていない。ただ、人々には、肖像画を適切に修正するよう指示している。例えば「国王万歳(Long live)」の文言はそぐわないので修正が必要だ」とロイターに述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT