タイでプミポン国王の肖像画が大売れ

需要に追い付かず

 10月17日、タイでは、13日に死去したプミポン国王の肖像画(写真)や記念品などが飛ぶように売れ、これらの商品を扱う商店が大繁盛している。14日撮影(2016年 ロイター/Edgar Su)

[バンコク 17日 ロイター] - タイでは、13日に死去したプミポン国王の肖像画や記念品などが飛ぶように売れ、これらの商品を扱う商店が大繁盛している。

国王の遺体が安置されている王宮近くの「肖像画通り」と呼ばれる一帯にある商店では、金色の額縁に入ったプミポン国王の肖像画が売られ、店の外には客が列をなしている。ある店主は「売り上げは70─80%増えている。需要に追い付かない。国王関連の商品なら何でも売れる」と話す。

政府スポークスマンは「国王の肖像画を撤去するような命令は出ていない。ただ、人々には、肖像画を適切に修正するよう指示している。例えば「国王万歳(Long live)」の文言はそぐわないので修正が必要だ」とロイターに述べた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドラッグストア再編第2幕<br>マツキヨ+ココカラに続くのは…

スギHDが先手を打ったココカラファイン争奪戦は、マツモトキヨシHDの勝利で決着。1月をメドに新たなトップ企業が誕生します。数年内に3社程度への集約が見込まれる次の再編の焦点は? 首位を追われるツルハHDのトップ直撃も。