政治家として、真価を問われる橋下市長

メディアの力は「両刃の剣」、逆風下でも正々堂々と

昨年の衆院選で演説する橋下徹・日本維新の会共同代表(撮影:尾形 文繁)

日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長による、慰安婦問題に関する発言が波紋を呼んでいます。

これまで橋下市長を持ち上げてきたメディアですが、一転して同氏への批判的な報道が増えています。また日本維新の会の支持率も急落しています。「橋下は終わった」などという人もいれば「何も間違ったことを言っていない」など、読者の皆さんの考えはさまざまだと思います。

橋下市長の発言内容の是非は識者の方々の議論に委ねることとし、このコラムでは一連の騒動から見る、政治家とメディアとの関係について論じたいと思います。

「メディアの寵児」といえる存在になった橋下市長

橋下市長は一挙手一投足がメディアで報じられる、「メディアの寵児」と言える存在になっています。回りくどくて何を言いたいのかよくわからない旧来の政治家に対し、何事に関してもズバッと、短くはっきりと物を言うスタイル、また、敵(悪人)と味方(善人)が分かりやすい構図を作り、容赦なく敵を叩き潰すスタイルが、世間で支持を得ていると言えます。同じくメディアの寵児として国民の人気が高かった小泉純一郎元首相を彷彿させるものがあります。

すると、橋下市長の言動を取り上げれば、テレビでは高い視聴率が取れるため、メディアはこぞって橋下市長を追いかけ、その結果、さらにメディアへの露出が増えた橋下市長に対する世間の関心が高まり、だからこそ、より一層メディアが取り上げるという、スパイラルになっていくのです。

次ページ政治家にとって、メディアとは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT