私の愛する、ロシア・中国・英国エリートたち

グローバルエリートの「友達の輪」(下)

ランチを売るたびに、途上国の子供に給食を

サーシャが考えている次の冒険は、今、英国ではやっている“靴を買ったら、途上国の子供に靴が1足プレゼントされる”というアイデアにヒントを得たものなのだ。

これはお客さんがランチボックスを買ったら、途上国の子供に給食を1食プレゼントするというアイデアで、その箱を特徴的なものにしてセレブリティの“善行をし、そのことを人に認知されたい”という気持ちを刺激しつつチャリティを促進するベンチャーである。彼女の父親はロンドンでベンチャーキャピタルを経営していたため、サーシャには父親譲りのビジネス感覚も備わっている。

このすてきなアイデアをサーシャと一緒に進めたい企業の方や、来たる参院選で落選確実視されて焦っている議員の皆さんは、オバマ大統領の再選キャンペーン仕込みのサーシャに助っ人をお願いしてはどうだろうか。ただし彼女が写真のとおりきれいだから、という理由でお近づきになろうとするのは控えていただきたい。なにせここだけの話、私もサーシャのことが好きなのだから。

本日は長くなってしまったので、この辺で勘弁しておこう。今後も世界各国のグローバルエリートたちの生き方を紹介し、親愛なる読者の皆様がグローバルキャリアに目を向けるきっかけとなり、皆様のグローバル進出をお手伝いすることができれば幸いである。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。