私の愛する、ロシア・中国・英国エリートたち

グローバルエリートの「友達の輪」(下)

ランチを売るたびに、途上国の子供に給食を

サーシャが考えている次の冒険は、今、英国ではやっている“靴を買ったら、途上国の子供に靴が1足プレゼントされる”というアイデアにヒントを得たものなのだ。

これはお客さんがランチボックスを買ったら、途上国の子供に給食を1食プレゼントするというアイデアで、その箱を特徴的なものにしてセレブリティの“善行をし、そのことを人に認知されたい”という気持ちを刺激しつつチャリティを促進するベンチャーである。彼女の父親はロンドンでベンチャーキャピタルを経営していたため、サーシャには父親譲りのビジネス感覚も備わっている。

このすてきなアイデアをサーシャと一緒に進めたい企業の方や、来たる参院選で落選確実視されて焦っている議員の皆さんは、オバマ大統領の再選キャンペーン仕込みのサーシャに助っ人をお願いしてはどうだろうか。ただし彼女が写真のとおりきれいだから、という理由でお近づきになろうとするのは控えていただきたい。なにせここだけの話、私もサーシャのことが好きなのだから。

本日は長くなってしまったので、この辺で勘弁しておこう。今後も世界各国のグローバルエリートたちの生き方を紹介し、親愛なる読者の皆様がグローバルキャリアに目を向けるきっかけとなり、皆様のグローバル進出をお手伝いすることができれば幸いである。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。