ソニー社長、物言う株主に「前向き」

経営方針説明会、3つのポイント

その2:中核3事業の目標を引き下げ

2つめのポイントはさりげなく中核3事業の目標を引き下げたことだ。

平井社長は昨年4月に策定したばかりの2015年3月期(来期)をゴールとする経営目標の「中身」を修正した。

全体の目標である「グループ売り上げ8兆5000億円、営業利益率5%以上、ROE10%、エレクトロニクス事業売上高6兆円、営業利益率5%」の目標については昨年4月12日発表当時の目標から変えていないが、中核3事業と位置づけるデジタルイメージング、ゲーム、モバイルの貢献度見込みを以下のように修正した。

●モバイル(スマートフォン、タブレット、ノートパソコン)

【従来目標】売上高:1兆8000億円(うちノートパソコン8000億円)/営業利益率:収益性の大幅な改善を目指す

【新目標】売上高:1兆5000億円(ノートパソコン除く)/営業利益率:4%

●デジタルイメージング(イメージセンサー、デジタルカメラ、ビデオカメラ)

【従来目標】売上高:1兆5000億円/営業利益率:2ケタを目指す

【新目標】売上高:1兆3000億円/営業利益率:10%以上

●ゲーム(プレイステーション)

【従来目標】売上高:1兆円/営業利益率:8%を目指す

【新目標】売上高:1兆円/営業利益率:2%

●エレキ事業に占める中核3事業の貢献度

【従来目標】売上高:70%/営業利益:85%

【新目標】売上高:65%/営業利益:約80%

次ページリーダーシップに自信
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT