どこにもない価値を、生み出す人の習性

あなたに「構想」と「アドリブ」はあるか?

拙著にも書きましたが、口紅を固める機械をつくっていた会社の技術がカレールーにも転用されて、さらにカレールーを固めるためにつくった機械技術が固形マーカーにも応用されるといった、ものづくりにおける「わらしべ長者」のような面白い現象が起きるのは、産業のごった煮のような日本の工業地帯でこそです。それを誰が結び付けることができるかというと、小まめにいろいろな分野を横断的に歩いている人です。

強調したいのは、そんなものは事前に考えて、プランを立ててできるものではないということです。なぜなら、本気で合理的にプランを立てて結び付けようとしたら、あらかじめ化粧品にも食品にも文房具にもくわしくないといけません。そんなわけはありません。

そうではなく果敢にアドリブ的に動き回って、そのときにたまたま結び付くと、よりベターなものが生まれる可能性があるのをいろいろと試してみるということ以外にはありえないのです。そこで良いほうに転がる誤解やアクシデントが起きるという意味では、ドラマ内でのアドリブのような、新しい要素の組合せにその可能性がありますが、それは1人の人間が最後に統合しなければなりません。それを受けてこそプロデューサーです。

小林が宝塚歌劇団をつくったことには、偶然も大きく関与していました。宝塚に温水プールをつくるはずだったのが、ボイラーの性能が弱くプールの水が十分に温まらなかったため、プールを埋めて客席にし、屋内プールを劇場に改装しました。これが宝塚歌劇団の始まりです。

これはもちろん、アクシデントに負けないメンタル的な強さや機転も必要でしょうが、普段からレジャーやエンターテインメントについても一家言持ち、自分でもこんなレビューが見たいというような構想もあったからこそと考えます。

麻雀をする人ならわかるでしょうが、配牌の運不運は誰しも免れませんが、それでも局面ごとに自分がめざす理想、最後の役づくりを考えていなければ、どの牌を残すか捨てるかも決められません。社会でたまたまめぐり合ったネタを活かすも殺すも、自分がかねてからどういう構想を抱いているかに依存します。

プロデューサー的な人材はどうしたら育つのか、という問いの立て方をしているうちは、まだ他者依存です。自分がプロデューサー的能力を高めるにはどうすればよいのだろうか? あえて自問自答するとすれば、「あなたが知らない人と仲良くなったのはいつですか?」と考えてみてください。

そういえば最近知っている人とばかり話をしているな、と思ったら、それは交流が内向きに偏っているということかもしれません。もっと街に出て、見知らぬ人と接していろいろな刺激を受けることに、皆さんがこれからの仕事を進める上でのヒントが多く埋まっているかもしれません。

(撮影:尾形文繁)

『Think!』WINTER2013号

 

『ほぼ日刊イトイ新聞」』で、糸井重里氏と三宅氏の対談が公開されています。こちらもあわせてご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT