レクサスが開発を進めるスモールSUVの正体

パリショーで披露「UXコンセプト」を解剖

レクサス「UX コンセプト」を世界初公開

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

レクサスは現在開催中のパリサロンにて、クロスオーバーSUVを示唆したデザインスタディ「UX コンセプト」を世界初公開した。

「高いデザイン性とコンパクトなボディと快適性を両立させ、先進的な都市生活者の期待に応えることを目指したモデル」とレクサスが説明するUX コンセプト。今回公表されたボディサイズは全長4400mm×全幅1900mm×全高1520mmで、いわゆるCセグメントに属するコンパクトなもの。つまり、既に発売されて大きな成功を収めている「NX」よりも一回り小さいことになる。

近年、デザインコンシャスであることを前面に押し出しているレクサスらしく、デザインは純粋なコンセプトカーであることを勘案しても相当にアグレッシブだ。上から俯瞰で見るとエクステリアとインテリアがキャビンを中心にしたX線状で繋げた「インサイド・アウトコンセプト」を採用。またホイールアーチやルーフバー、電子ミラーを同素材感で仕立てるなど、キャビン内部との一体感や連続性を演出している。

タイヤについても、トレッド面/サイドウォールは、クロスオーバーに相応しいデザイン性を強調したものに。ホイールは、タイヤのサイドウォールとスポークの一体感を演出したユニークな構造とされている。

次ページダイナミックな走りを予感させるパッケージだ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT