レクサスが開発を進めるスモールSUVの正体

パリショーで披露「UXコンセプト」を解剖

レクサス「UX コンセプト」を世界初公開

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

レクサスは現在開催中のパリサロンにて、クロスオーバーSUVを示唆したデザインスタディ「UX コンセプト」を世界初公開した。

「高いデザイン性とコンパクトなボディと快適性を両立させ、先進的な都市生活者の期待に応えることを目指したモデル」とレクサスが説明するUX コンセプト。今回公表されたボディサイズは全長4400mm×全幅1900mm×全高1520mmで、いわゆるCセグメントに属するコンパクトなもの。つまり、既に発売されて大きな成功を収めている「NX」よりも一回り小さいことになる。

近年、デザインコンシャスであることを前面に押し出しているレクサスらしく、デザインは純粋なコンセプトカーであることを勘案しても相当にアグレッシブだ。上から俯瞰で見るとエクステリアとインテリアがキャビンを中心にしたX線状で繋げた「インサイド・アウトコンセプト」を採用。またホイールアーチやルーフバー、電子ミラーを同素材感で仕立てるなど、キャビン内部との一体感や連続性を演出している。

タイヤについても、トレッド面/サイドウォールは、クロスオーバーに相応しいデザイン性を強調したものに。ホイールは、タイヤのサイドウォールとスポークの一体感を演出したユニークな構造とされている。

次ページダイナミックな走りを予感させるパッケージだ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。