スウェーデンで自死した難民少年の深刻な背景

アフガニスタン難民のアンサリさん自殺の理由

同局の記録によれば、2014年1月から8月末までに、あらゆる年齢の亡命希望者において、自殺の恐れがある、もしくは自殺を試みたケースが少なくとも500件あった。スウェーデンではこの時期、25万人以上の亡命申請があった。このうち、3人が死に至っている。動機は不明だが、一部は手続きの遅延に直接関係していることが記録から明らかとなっている。

リベンビク氏は、記録が実際より少ない可能性があることを認めた。何らかの方法で移民担当職員の勤務状況に影響を及ぼした場合にのみ、自殺行為は記録されるという。例えばアンサリ少年の場合は、記録データに含まれない。

調査によると、一般人口より亡命希望者の方が自殺を図る可能性が総じて高い。亡命希望者は、逃れてきたトラウマが主な原因で、うつ病やその他の精神疾患を患う確率が高い。スウェーデン政府や他団体の推計によれば、同国では亡命希望者の約4分の1が、うつ病や心的外傷後ストレス障害(PTSD)のような精神疾患に苦しんでいるという。

アンサリさんは独りでスウェーデンまでやって来た。検視報告書によると、アンサリさんはうつ病と双極性障害を患っていた。友人の話では、アンサリさんはひどく家族を恋しがっていたという。手続きのための面接を何カ月も待たされたあげく、約束された面接も移民局からキャンセルされたり、手違いで先延ばしにされたりした。

「彼はよく不満を口にしていた」と語るのは、亡命を希望する仲間であり、同じアフガニスタン人のモーセン・ナガウィさん(18)だ。「ついていないと感じていた」

アンサリさんが住んでいたスウェーデン南部ブレーキンゲ地方で精神科の医務局責任者を務めるペーテル・バルベリウス氏は、2度目の面接もキャンセルされたことが決定打となったと推測。「それが引き金になった可能性は大きい」と少年の死亡調査に関わった同氏は話す。

徴兵を逃れて

アンサリさんは、イラン南西部シラーズに住むアフガニスタン人の工場警備員の長男として生まれた。父親によると、アンサリさんは約1カ月かけてトルコ、ギリシャを経由し、ドイツに到達。スウェーデンに着いたのは2015年7月24日のことだった。この年、同国にたどり着いた保護者のいないアフガニスタン人の未成年者は2万3000人超に上る。

多くのアフガニスタン人同様、アンサリさんは「二重難民」だった。アンサリさんは、イスラム教シーア派の少数民族ハザラ人である。ハザラ人はアフガニスタンで長い間迫害を受け、スンニ派の反政府武装勢力タリバンに狙われるようになってからは、多くが1990年代にイランへ逃れた。

次ページハザラ人とは?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中原圭介の未来予想図
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。