配車のUberは「出前」でも革命を起こせるか

繁忙時には配達員の時給が2000円超!

サービス開始後初めての週末、サービス圏内の恵比寿で、記者も実際にデリバリーを依頼してみた。アプリを開いてみると、近隣の飲食店が20軒以上表示された。その中からハンバーガーショップを選び、午後6時55分に3種類のバーガーを注文。すると「配達までのお時間 午後7時26分」と表示された。30分後である。

少々遅れたが、ハンバーガーは無事に到着

注文状況はつねに更新され、「店への依頼中」「食事の準備中」「配達中」などと随時表示される。配達中になると、配達員の位置情報が表示され、どれくらい近づいているかがわかる。気づけば配達予定時間は「7時31分」「7時37分」と後ずれし、最終的には7時40分過ぎに到着。注文から45分ほどが経過していた。ウーバーによれば世界の平均配達時間は34分なので、やや遅めだったようだ。

商品を届けた配達員は「アルバイト感覚で始めた」という大学生。ウーバーと提携するNTTドコモのバイクシェア(自転車のレンタルサービス)で借りた自転車に乗ってやってきた。

登録した理由を聞くと、「授業の合間など、空いた時間を有効活用できるし、自分次第でどんどん稼げる。ほかのバイトよりも魅力的」とのこと。この日は夕食時間帯で3時間ほどデリバリーを行っていたが、今回で5件目だという。「夕食の時間帯だと時給2000円が保証されている」とも話してくれた。

きっかけは”アイスクリーム”

そもそも、ウーバーがなぜデリバリーを手掛けるのか。前出のロッシ氏は「きっかけは実験的に行った”ウーバー・アイスクリーム”というキャンペーンだった」という。ウーバー・アイスクリームとは、毎年7月にウーバーの配車アプリでアイスクリームを注文できるという、ここ数年行っているキャンペーンだ。「(配車のプロモーションだったが)意外にも顧客が気に入ってくれた」(ロッシ氏)。ここからイーツのアイデアが生まれたという。

ウーバーイーツのロッシ氏は日本市場への期待を示した

ウーバーの強みは、配車アプリで培ってきた顧客とサービス提供者をマッチングするアルゴリズムだ。配車の場合は乗客とドライバーという2者、イーツの場合は消費者、配達員、飲食店の3者をつなぐ。

アプリ上でボタンをタップすると、瞬時に誰が商品を届けるかが決まる。これが肝だ。「過去4~5年、配車で学んだノウハウを生かすことで、このビジネスが可能になった」(ロッシ氏)。

ウーバーの配車事業は日本で思うように展開できておらず、都内で提携した会社のハイヤーやタクシーの配車にとどまっている。日本では自家用車による乗客の運送が法律で禁じられており、国の許可がないと有償で人を運べない。競合になりかねないタクシー業界などからの反発も強い。

しかし、ウーバーイーツは違う。登録配達員や飲食店の利用が増えていけば、日本国内の拡大余地は配車事業以上にあるといえる。「会社の基本方針は”ウーバー・エブリウエア(ウーバーをどこでも)”。なるべく早く、ほかの都市への展開を進めていきたい」(高橋氏)。ウーバーイーツの拡大によって、配車サービスも普及への突破口を開くことができるだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT