男子フィギュア、羽生選手がSP首位発進

カナダのオータムクラシック

 9月30日、フィギュアスケートの国際大会、オータムクラシックの男子ショートプログラム、羽生結弦は88.30点で首位スタートを切った(2016年 ロイター/Christinne Muschi)

[30日 ロイター] - フィギュアスケートの国際大会、オータムクラシックは30日、カナダのモントリオールで競技を行い、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦は88.30点で首位スタートを切った。

羽生は4回転ループのジャンプを世界で初めて成功させた。

女子SPでは本郷理華が60.33点で4位、木原万莉子が59.09点で5位につけた。長洲未来(米国)が73.40点でトップに立った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT