男子フィギュア、羽生選手がSP首位発進

カナダのオータムクラシック

 9月30日、フィギュアスケートの国際大会、オータムクラシックの男子ショートプログラム、羽生結弦は88.30点で首位スタートを切った(2016年 ロイター/Christinne Muschi)

[30日 ロイター] - フィギュアスケートの国際大会、オータムクラシックは30日、カナダのモントリオールで競技を行い、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦は88.30点で首位スタートを切った。

羽生は4回転ループのジャンプを世界で初めて成功させた。

女子SPでは本郷理華が60.33点で4位、木原万莉子が59.09点で5位につけた。長洲未来(米国)が73.40点でトップに立った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。