男子フィギュア、羽生選手がSP首位発進

カナダのオータムクラシック

 9月30日、フィギュアスケートの国際大会、オータムクラシックの男子ショートプログラム、羽生結弦は88.30点で首位スタートを切った(2016年 ロイター/Christinne Muschi)

[30日 ロイター] - フィギュアスケートの国際大会、オータムクラシックは30日、カナダのモントリオールで競技を行い、男子ショートプログラム(SP)で羽生結弦は88.30点で首位スタートを切った。

羽生は4回転ループのジャンプを世界で初めて成功させた。

女子SPでは本郷理華が60.33点で4位、木原万莉子が59.09点で5位につけた。長洲未来(米国)が73.40点でトップに立った。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。