ニューヨーク近郊の列車事故はなぜ起きたか

未熟な技術や「組合問題」が遠因という報道も

力学的には不安定でも、連結器に工夫があるので乗車していても違和感はない。ブレーキの「遅れ込め制御」も一応できている。だが、今回の事故の場合、最後尾から重たい機関車がプッシュする慣性質量が大きいために、軽い客車がいとも簡単にホームに乗り上げていったという見方など、「プッシュ・プル方式」の欠点が出たという専門家もいる。

特に今回の編成は、客車4両を後ろから重量級の機関車がプッシュしていたわけで、重量配分として異常であったということはいえる。

一方で、不幸中の幸いだったのが、先頭車両も含めて事故列車の乗客のダメージが限定的だということがあげられる。驚かされたのは、先頭車両が綺麗に原形を留めていることだ。

この客車はアルストム社の「コメット5」という北米仕様のものだが、かなり剛性が高められているという印象を受ける。「鉄道というのは衝突するもの」という野蛮なカルチャーの産物と言ったら言い過ぎか。

相互乗り入れしない不思議

ちなみに、ニューヨークへの通勤の大動脈がどうして、この駅での「乗り換え」を強いているのかというと、地理的にマンハッタン島の南端に行くにはフェリーが便利ということもあるが、鉄道同士の「ニュージャージー・トランジット」と「パス・トレイン」の間で相互乗り入れ(相直)ができていないからだ。

では、どうして相直できないのかというと、軌間はどちらも標準軌なのでいいのだが、郊外のニュージャージー・トランジットが空中架線方式(交流電化)である一方で、パス・トレインは第三軌条方式(直流電化)、つまり東京の銀座線や丸ノ内線のように第三のレールから電気を取り入れる方式をとっているからだ。

そんなものは統一してしまえばいいように思われるが、パス・トレインを架線式にするには、ハドソン川の川底トンネルの天井を高くするなど大工事になり不可能ということで、現在に至っている。

最終的な原因究明は事故調査委員会の判断を待つ必要があるが、現段階の筆者の印象としては、今回の事故の背景には、アメリカの鉄道における技術と意識の遅れ、そしてインフラの未整備といった要因があると言わざるを得ない。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT