「英語での雑談が楽しくなる」5つのツボ

あいさつ以降が続かない人には「盲点」が!

雑談の中で、あまり詳しくない内容や、話したくない内容の話になったときは、どうすればよいでしょうか?英会話をある程度勉強するとよく出てくるフレーズといえば、by the way(ところで)ですね。

By the way, did you hear anything about~?(ところで、~については知ってる?)

と言うように、それまでの会話の流れとは違う話題を提案するときによく使われる、便利なフレーズです。もう少し自然な言い回しで話題を変えるなら、下記のような言い方もあります。

I know this is off topic, but I just remembered something…(関係ない話題だとはわかっているんだけど、ちょっと思い出したんだ……)

このように言うと、by the way よりも、やや自然に話題を転換することができるでしょう。逆に話題を戻したいときは、

Let’s get back to the original topic.(さっきの話題に戻ろう)

という言い回しがあります。

応用編!相手の様子をうかがいながらアドバイスをする

会話をしている際、相手が悩んでしまったらどうすればよいでしょうか?
さきほどは、具体的な解答を求める質問の仕方を紹介しましたが、「相手の出方をうかがう」フレーズも、停滞してしまった会話に新たな展開を加えるテクニックとして便利です。

書影をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします

How about asking your boss what he thinks?(上司に、どう思うか聞いてみるのはどう?)

と、How about~ing?で、問題の解決法を提案してみるのもひとつのテクニックです。

また、Have you thought about~?(~は考えてみた?)と、やや遠まわしな提案方法もあります。

Have you thought about asking your boss what he thinks?(上司に、どう思うか聞いてみる、っていうのは考えてみた?)

このように、How/What about ~ing?や、Have you thought/consider about~?などで、相手の様子をうかがいながら解決策を提案することで、角が立たずにアドバイスを送ることができます。

英語での雑談だからといって、特に難しく考える必要はありません。とにかく、「会話はキャッチボール」ですから、「キャッチボールができるルールとフレーズ」を、とにかく覚えて、それを使えばいいのです!

本稿で紹介したフレーズのほとんどは、中学校で皆さんが習った単語ばかり。「相手が答えやすい質問をする」という、会話のキャッチボールを意識して、言い回しを考えて使ってみれば、自然と会話が広がっていくでしょう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT