「東京vsロンドン」空港鉄道はどちらが便利?

英国2大空港は4割超が鉄道やバスを利用

ヒースロー空港に到着したヒースローエクスプレス。日中15分間隔で所要時間15分、30分以内に空港へ到着できるのが売りだ

4年後にオリンピック開催を迎える東京。海外からのお客様をお迎えするにあたり、空港アクセスの整備は急務だ。

東京の空の玄関口、成田と羽田へはそれぞれ鉄道がアクセスしているが、成田空港は都心から約60キロ離れ、時速160キロで走る京成スカイライナーでも、空港第2ビルから日暮里間までは最速で36分掛かる。わずか36分ともいえるが、そもそも日暮里は東京の中では北方に位置するため、都内でもこの速達性の恩恵を受ける人は限られる。

一方で羽田へ乗り入れる京浜急行も、品川から先の都営地下鉄浅草線は、お世辞にも東京の中枢を通っているとは言い難く、モノレールも浜松町で他線へ乗り換えなければならない。新宿や渋谷などの繁華街へは、鉄道を使うよりリムジンバスの方が便利だ。

では、ヨーロッパの空港アクセス鉄道はどうだろうか。2012年にオリンピックを開催したロンドンの5つの空港を例に取り、アクセス鉄道の利便性や、他の交通機関との関係について検証してみた。

地下鉄と直通列車があるヒースロー

■ヒースロー空港

まずは、言わずと知れたロンドンを代表する国際空港で、英国の玄関口となっているヒースロー空港だ。

この空港へ最初に乗り入れたアクセス鉄道は、地下鉄ピカデリー線で、1977年に開業した。その後、1998年に市内のパディントン駅との間をわずか15分で結ぶ連絡列車、ヒースローエクスプレスが誕生、2005年には同駅まで各駅に停車するヒースローコネクトが営業を開始している。

2013年における公共交通機関のシェアは、全体で約40%となっており、そのうち18%が地下鉄、10%が鉄道で、残り13%はバスとなっている。ただし、バスは空港周辺、あるいは鉄道で直接結ばれていない地方都市への路線が中心で、棲み分けができている。

ヒースローエクスプレスは、ロンドン市内のパディントン駅まで15分、日中は15分間隔なので、計算上は30分以内に市内へ到着できるというのが売りだが、ヒースローコネクトとの合算でもシェアは10%と、地下鉄の18%に大きく水を空けられている。

次ページ速い直通列車は意外に不人気?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT