「東京vsロンドン」空港鉄道はどちらが便利?

英国2大空港は4割超が鉄道やバスを利用

ヒースロー空港に到着したヒースローエクスプレス。日中15分間隔で所要時間15分、30分以内に空港へ到着できるのが売りだ

4年後にオリンピック開催を迎える東京。海外からのお客様をお迎えするにあたり、空港アクセスの整備は急務だ。

東京の空の玄関口、成田と羽田へはそれぞれ鉄道がアクセスしているが、成田空港は都心から約60キロ離れ、時速160キロで走る京成スカイライナーでも、空港第2ビルから日暮里間までは最速で36分掛かる。わずか36分ともいえるが、そもそも日暮里は東京の中では北方に位置するため、都内でもこの速達性の恩恵を受ける人は限られる。

一方で羽田へ乗り入れる京浜急行も、品川から先の都営地下鉄浅草線は、お世辞にも東京の中枢を通っているとは言い難く、モノレールも浜松町で他線へ乗り換えなければならない。新宿や渋谷などの繁華街へは、鉄道を使うよりリムジンバスの方が便利だ。

では、ヨーロッパの空港アクセス鉄道はどうだろうか。2012年にオリンピックを開催したロンドンの5つの空港を例に取り、アクセス鉄道の利便性や、他の交通機関との関係について検証してみた。

地下鉄と直通列車があるヒースロー

■ヒースロー空港

まずは、言わずと知れたロンドンを代表する国際空港で、英国の玄関口となっているヒースロー空港だ。

この空港へ最初に乗り入れたアクセス鉄道は、地下鉄ピカデリー線で、1977年に開業した。その後、1998年に市内のパディントン駅との間をわずか15分で結ぶ連絡列車、ヒースローエクスプレスが誕生、2005年には同駅まで各駅に停車するヒースローコネクトが営業を開始している。

2013年における公共交通機関のシェアは、全体で約40%となっており、そのうち18%が地下鉄、10%が鉄道で、残り13%はバスとなっている。ただし、バスは空港周辺、あるいは鉄道で直接結ばれていない地方都市への路線が中心で、棲み分けができている。

ヒースローエクスプレスは、ロンドン市内のパディントン駅まで15分、日中は15分間隔なので、計算上は30分以内に市内へ到着できるというのが売りだが、ヒースローコネクトとの合算でもシェアは10%と、地下鉄の18%に大きく水を空けられている。

次ページ速い直通列車は意外に不人気?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
5G革命<br>勃興する巨大市場をつかめ!

現在の「4G」に続く、新しい移動通信システム「5G」。「超高速」だけではなく「超低遅延」「多数同時接続」が可能になり、私たちの暮らしやビジネスはがらりと変わる。動画配信、ゲーム、自動運転、スマート工場や通信業界の未来像を紹介。