レーシック手術は安全なのか?危険なのか?

網膜剥離などの合併症は実際にある

美容外科系の施設で手術を失敗し、網膜剥離などの合併症を引き起こされた患者さんが今でも助けを求めて私の施設に来ます。彼らは異口同音に言います。

「手術を受けた美容外科系のクリニックではよいことばかり言われ、レーシックって簡単だと思っていました。先生から初めて詳しいことを教えてもらったのです。早くほんとの知識を知りたかった」

白内障や網膜剥離や緑内障の合併症が起きていたとしても、もともとは美容外科医で、眼科医ではない彼らには目の病気を見つけることができません。ましてや治療はできないので、さらなる問題を起こしてしまうのです。

レーシック手術は機械が手術のかなりの部分を行うので、通常の眼科外科医の技術がなくともある程度の結果は出せてしまう手術です。ある程度と言ったのは、現実には技術や知識の低い医師がレーシック手術をすると、経験の豊富な医師とは結果に格段の差が出るからです。

手術機器にも大きな差がある

『やってはいけない目の治療 スーパードクターが教える“ほんとうは怖い”目のはなし』(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします)

また、医師の知識や技量だけでなく、手術機器にも大きな差があります。現在の最新のエキシマレーザーは、フライングスポットという1ミリ弱の小さな点のレーザー照射をコンピュータ制御で高速で行います。このレーザーが角膜を削って望みの屈折を作ります。言わば、角膜にコンタクトのカーブを作るようなものです。このエキシマレーザーは非常に高価で7000万円ほどします。しかし、1回の照射エネルギーを抑えているのでほかの水晶体や網膜には障害を起こしません。

一方で2000万円ほどの安いエキシマレーザーもあります。これは旧式のレーザータイプで、ブロードビームという大きなエネルギーを一気に角膜に照射します。強いエネルギーが一気にかかるので、網膜剥離や白内障を起こす可能性もあります。

レーシック手術を受けるような強い近視の患者さんは、目が長くて網膜が伸ばされています。風船を膨らませた状態を考えてください。風船をどんどんと膨らませると風船の壁は薄くなっていきますよね。同じように強度近視で目が長くなると、内張りの網膜は伸びた風船のように薄くなってきます。

つまり、ちょっとした衝撃でも網膜に穴が開くことがありえるのです。網膜に穴が開けば、そこから水が網膜の下に入り、網膜剥離になることがあります。レーシック後の網膜剥離は意外に多くあるのです。

多くの網膜剥離手術の経験がある医師は、近視矯正手術を希望してきた患者さんでも網膜をくまなく検査します。網膜裂孔や網膜剥離があれば、まずはそれを治します。網膜の薄い患者ならレーザーのエネルギーをコントロールしてフライングスポットで網膜に障害が起きないようにします。まともな医師なら、安物のレーザーはちょっと怖くて使えないのです。

​目はたった2つしかない貴重な臓器です。替えはきかないのです。レーシック手術を希望する方は、病院選びを慎重に行ってください。派手なキャンペーンを行っているクリニック、手術代が安すぎるクリニックは要注意です。手術代をケチった結果、視力を失っては何の意味もありません。

重視すべきは、医師の経験と施設の設備です。そしてもっとも重視すべきは、医師がレーシックのよい点ばかりでなく、危険な点も前もって正直に話してくれるかどうかです。信頼できない人物に、あなたの大切な目を委ねるべきではありません。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。