ルノー・日産、米マイクロソフトと提携

コネクテッドカー技術で

 9月26日、ルノーと日産自動車のアライアンスは、自動車向けのクラウドサービス開発について、米マイクロソフトと提携する。同サービスは、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「アジュール」をベースにし、先端ナビゲーションなどを提供するという。写真はマイクロソフトのロゴ、8月フランスで撮影(2016年 ロイター/Jacky Naegelen)

[26日 ロイター] - ルノー<RENA.PA>と日産自動車<7201.T>のアライアンスは、自動車向けのクラウドサービス開発について、米マイクロソフト<MSFT.O>と提携する。同サービスは、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「アジュール」をベースにし、先端ナビゲーションなどを提供するという。

ルノーと日産は2020年までに自動運転技術を10車種以上に採用する計画を示しており、今回の提携は目標を後押しするものとなる。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。