ルノー・日産、米マイクロソフトと提携

コネクテッドカー技術で

 9月26日、ルノーと日産自動車のアライアンスは、自動車向けのクラウドサービス開発について、米マイクロソフトと提携する。同サービスは、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「アジュール」をベースにし、先端ナビゲーションなどを提供するという。写真はマイクロソフトのロゴ、8月フランスで撮影(2016年 ロイター/Jacky Naegelen)

[26日 ロイター] - ルノー<RENA.PA>と日産自動車<7201.T>のアライアンスは、自動車向けのクラウドサービス開発について、米マイクロソフト<MSFT.O>と提携する。同サービスは、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「アジュール」をベースにし、先端ナビゲーションなどを提供するという。

ルノーと日産は2020年までに自動運転技術を10車種以上に採用する計画を示しており、今回の提携は目標を後押しするものとなる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。