ロードスターとアバルト124は何が違うのか

マツダとフィアット、似て非なるオープン

注目のニューモデルを試乗

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

マツダ ロードスターのプラットフォームをベースに開発されたフィアット124スパイダーの高性能版、アバルト124スパイダーが登場した。似て非なる2台のクルマ、選ぶべきはどちらか。日伊合作の注目のニューモデルを試乗した。

ずいぶん前にマツダのお偉いさんと話をしたときのことだ。どういう流れでそうなったのかは忘れてしまったのだけれど、話題が最近のアルファロメオ事情になった。

イタリア車好きを自認する筆者だから、それこそ知るうる限りのオモテ&ウラ情報を得意になってしゃべっていたところ、そのお偉いさんの食いつきが妙にいい。いつになく熱心なのだ。国産メーカーの人にイタリア車の話をしたところで、彼らの作るクルマと自分たちの作るクルマはまるで別物と思っているかのように、特段の興味を示さないのがフツウだったから、珍しいこともあるものだな、と、そのときは思っていた。

次ページ広島産のロメオの衝撃
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。