ロードスターとアバルト124は何が違うのか

マツダとフィアット、似て非なるオープン

注目のニューモデルを試乗

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

マツダ ロードスターのプラットフォームをベースに開発されたフィアット124スパイダーの高性能版、アバルト124スパイダーが登場した。似て非なる2台のクルマ、選ぶべきはどちらか。日伊合作の注目のニューモデルを試乗した。

ずいぶん前にマツダのお偉いさんと話をしたときのことだ。どういう流れでそうなったのかは忘れてしまったのだけれど、話題が最近のアルファロメオ事情になった。

イタリア車好きを自認する筆者だから、それこそ知るうる限りのオモテ&ウラ情報を得意になってしゃべっていたところ、そのお偉いさんの食いつきが妙にいい。いつになく熱心なのだ。国産メーカーの人にイタリア車の話をしたところで、彼らの作るクルマと自分たちの作るクルマはまるで別物と思っているかのように、特段の興味を示さないのがフツウだったから、珍しいこともあるものだな、と、そのときは思っていた。

次ページ広島産のロメオの衝撃
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。