ロードスターとアバルト124は何が違うのか

マツダとフィアット、似て非なるオープン

それからほどなくして、マツダとアルファロメオの協業話が噂になった。しかも、その内容は衝撃的なもので、なんと、マツダ ロードスターをベースにした次期型アルファロメオ スパイダーが“広島”で生産される、というじゃないか。クルマ好きの反応は、正に賛否両論。国産車クォリティでアルファの官能性を味わえるなら最高、というポジティヴな意見から、牡蠣じゃあるまいし広島産のロメオなんてご免被る、といったネガティヴな反応まで、実に様々。なかには、その昔、日産がアルファロメオと共同で開発した“アルナ”事業の顛末までほじくり返し、その二の舞だの、否、あれはイタリア生産だったからダメだったのだの、喧々囂々となったものだ。

結局、「アルファロメオはイタリア産でなければならない」という、フィアット(FCA)の大ボス、セルジオ・マルキオンネの鶴の一声で(本当はいろいろあったと思うけれど)、広島産アルファスパイダー話は立ち消えとなり、代わりに、「フィアット124スパイダー」という流行の名車復活型モデルを広島で作ることになって……。

前置きが長くなってしまった。けれども、このクルマの素性を明らかにする上で、重要な話だと思う。

総合バランスを追求した“対話型のスポーツカー”

今回、日本でも発表されたアバルト124スパイダーは、フィアット124スパイダーのアバルト版、つまりは高性能仕様であり、広島のマツダ工場で生産され、欧米にも輸出されるモデルである。基本のプラットフォームはロードスターと共有するものの、パワートレーンはまるで別物のFCA製であり、車両のテストなどとりまとめもイタリアのチームが行なった。ちなみに、フィアット124スパイダーの方を、日本で正規販売する予定はない。マツダロードスターとカニバるからだ。

日本で販売されるマツダ ロードスターは、2リッター自然吸気(NA)エンジンを積むアメリカ仕様とは違って、1.5リッターのNAエンジンを積んでいる。馬力は131psに抑えられており、絶対的な速さよりも、スポーツカーとしての高い総合バランスを追求した“対話型のスポーツカー”だ。思い切ってアクセルペダルを踏みこむことができ、クルマとの一体感を楽しめる、というのが、最新ロードスターの魅力だろう。

一方の新型アバルト124スパイダーはというと、1.4リッターながらターボチャージャー付きエンジンを積むことで170psを得た。最大トルクも250Nmと、マツダロードスターの+100Nm!パワー&トルクスペックを見るかぎり、まるで別物の心臓が与えられたと言っていい。ただし、アバルト124スパイダーの方が100kgほど重い。値段も、マツダロードスターの最上級グレードRSより約70万円高くなった。

次ページ見た目やインテリアデザインは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT