中国首相がキューバ訪問、関係強化で合意

キューバにとって中国は第2の貿易相手国

 9月24日、キューバを訪問した中国の李克強首相(写真左)は、ハバナでラウル・カストロ国家評議会議長(右)と会談した。(2016年 ロイター/Enrique de la Osa)

[ハバナ 24日 ロイター] - キューバを訪問した中国の李克強首相は24日、ハバナでラウル・カストロ国家評議会議長と会談した。両首脳は経済協力に関するおよそ30件の合意文書の調印式に出席した。キューバの国営メディアが報じた。

56年前の外交関係樹立後、中国首相がキューバを公式訪問するのは初めて。ただ、中国の習近平国家主席は2014年に訪問している。

中国はキューバにとって第2の貿易相手。貿易額も急増している。

李首相はキューバ共産党機関紙「グランマ」とのインタビューの中で、キューバ訪問の目的について、両国関係を深化させ、経済協力で新たな分野を開拓し、政治的な相互の信頼を強化することだと強調した。

キューバ国営TVによると、両国は科学、環境、工業、エネルギー、公衆衛生、農業分野での協力に関する合意に調印。中国はまた、一部プロジェクトについて、信用枠を設定することに合意したという。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT