年収5000万の37歳女性が結婚できない理由

東京カレンダー「新・婚活事情」<8>

就活時期になり、外資金融への道に進んだのは、単純に、収入の魅力が大きかったからです。コツコツとデータを集めたり分析するのは好きでしたし、それで大金を稼げるなら、これ以上の仕事はない。

「外銀は美人が多い」という風潮は気になりましたが、セールスでない私の部署は、容姿は特に関係ありませんでした。私は、やはり大した苦労もせずに内定をもらい、これで自分の外見に対する引け目も、少しは払拭出来ると安心していました。お金さえ十分にあり、体調にだけ気を付ければ、少なくとも自分の面倒は自分で見れるからです。

言うまでもなく、普通の男性は私に興味を持ちません。私は外見へのコンプレックスが強すぎて、さらに可愛げのない性格をしています。お付き合いした男性は何人かいますが、私の恋人になるような男性は、私と同じように不器量な顔をしていて、偏差値だけは高い、偏屈な男ばかりでした。

キツく多忙な仕事は最高の大義名分だった

外資金融は一般的に、3年目くらいまでが一番辛いと言われています。とにかく仕事量が多く、それまで優秀だとチヤホヤされてきた人間が、プライドをズタズタに打ち砕かれ、早々にこの業界を去っていくことも多い。女性は特に、体力と精神力が持たずに、ほとんどが数年で辞めてしまいます。

でも私は、ただ仕事に打ち込むだけの生活が、かえって楽でした。「仕事が楽」という意味ではありません。怒られダメ出しをされることも沢山ありましたし、面倒な上司や同僚だっています。ミスをしたことも、恥ずかしい思いをしたことも、数え切れません。

しかし、「仕事が忙しい」「普通より稼いでいる」という事実は、私が恋人を作らないことへの、最高の大義名分になるんです。外見で負けている女にとって、それがどれだけ救いになるか、これは当事者にしか、絶対に分からないでしょう。

しかし、そんな私の平穏な人生が少しずつ変わったのは、30歳を過ぎてからです。同僚の男たちが、ほとんど結婚しました。彼らの中には、私と同じように、「稼ぎ」を取ったら何も残らないような男も多い。それなのに、皆が揃って、それはそれは綺麗でお上品な奥さんを手に入れるんです。

それまで一緒に切磋琢磨して頑張って来たはずなのに、彼らは結婚した途端に、「で、お前はどうするの?」と言った、上から目線の態度を取り始めました。世の中不公平としか、言いようがないですね。

次ページ婚活市場で、私は負け組
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT