米国が超富裕層の相続税を65%に引き上げ?

ヒラリー・クリントン氏が提案

 9月22日、クリントン氏は、超富裕層の遺産相続税率を最大65%に引き上げることを提案した。写真はワシントンで17日撮影(2016年 ロイター/Yuri Gripas)

[ワシントン 22日 ロイター] - 米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏は22日、超富裕層の遺産相続税率を最大65%に引き上げることを提案した。

現行法では、(個人につき)540万ドル以上の価値を持つ遺産が課税対象となっている。

クリントン氏がウェブサイト上に掲載した提案によると、相続税率を現行の40%から45%に引き上げる。さらに、相続する資産の価値が(夫婦につき)10億ドル以上の場合には、税率を最大65%に引き上げるとし、従来の計画から引き上げたい考え。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT