梅宮辰夫の異変に気がついた「妻の第六感」

あなたは家族の変調に気づけますか?

そして何より、予後を左右するのは発見のタイミング。そこでも、家族がカギとなる。

家族ならではの第六感

「“なんかおかしいね、どうしたの?”と、お母さんが子どもの発熱に気づくことはよくあります。家族ならではの第六感や、ふだんの様子と異なるなど、不調を察しやすいのは家族だといえるでしょう」

家族ならではの第六感「なんかおかしいね、どうしたの?」

今年2月に胃がん手術を受けた渡辺謙、3月に乳がん手術を受けた南果歩。南のすすめで渡辺が人間ドックを受けた。現在、闘病中の小林麻央は、市川海老蔵とともに受けた人間ドックで乳がんがあることが発覚した。

辰夫の場合、1974年に睾丸腫瘍を患っている。その際、がん細胞が肺まで転移していたため、普段から検査は念入りだった。また、早期発見できたのは妻・クラウディアさんのおかげだ。彼女は夫の白目が濁っていることに気づき、受診をすすめたのだという。

「毎日顔を合わせていたからこそ、黄疸に気づいたのだと思います。いつも同じ家の中にいるとはいえ、結婚から40年以上たっていれば、それなりにお互いの存在がないがしろになりますから(笑)。そんな中で、夫にある“違和感”を指摘できたのだから、素晴らしい夫婦愛を感じました」(芸能プロ関係者)

この夫妻は、辰夫の後ろをクラウディアさんが歩くという、亭主関白だという。

「料理好きな辰夫さんが自宅で料理をするときは、一から丁寧に作るので、クラウディアさんは“リクエストするのが申し訳ない”と思っていたそうです。テレビ番組で、彼が初めて妻のリクエストを受けたとき、クラウディアさんがとても喜んだといいます」(前出・芸能プロ関係者)

ほかにも、自宅に帰る35分前に必ず電話をする習慣が。

「それでクラウディアさんが炊飯器のスイッチをオンにするんだとか。夫婦間での会話なども少なくないようです」(前出・芸能プロ関係者)

このような日々の絆が早期発見につながり、辰夫の命を救ったのだ。それは、この夫婦だけに限らない。

「渡辺謙さんと南果歩さん夫婦は、南さんのすすめで人間ドックを受診し、渡辺さんのがんが発覚。それによって南さんも受診し、乳がんを早期発見できました。市川海老蔵さんと小林麻央さんも、2人で人間ドックを受けたことが乳がん発覚のきっかけです。パートナーへの気づきや声かけが健康につながるのです」(芸能レポーター)


 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT