梅宮辰夫の異変に気がついた「妻の第六感」

あなたは家族の変調に気づけますか?

そして何より、予後を左右するのは発見のタイミング。そこでも、家族がカギとなる。

家族ならではの第六感

「“なんかおかしいね、どうしたの?”と、お母さんが子どもの発熱に気づくことはよくあります。家族ならではの第六感や、ふだんの様子と異なるなど、不調を察しやすいのは家族だといえるでしょう」

家族ならではの第六感「なんかおかしいね、どうしたの?」

今年2月に胃がん手術を受けた渡辺謙、3月に乳がん手術を受けた南果歩。南のすすめで渡辺が人間ドックを受けた。現在、闘病中の小林麻央は、市川海老蔵とともに受けた人間ドックで乳がんがあることが発覚した。

辰夫の場合、1974年に睾丸腫瘍を患っている。その際、がん細胞が肺まで転移していたため、普段から検査は念入りだった。また、早期発見できたのは妻・クラウディアさんのおかげだ。彼女は夫の白目が濁っていることに気づき、受診をすすめたのだという。

「毎日顔を合わせていたからこそ、黄疸に気づいたのだと思います。いつも同じ家の中にいるとはいえ、結婚から40年以上たっていれば、それなりにお互いの存在がないがしろになりますから(笑)。そんな中で、夫にある“違和感”を指摘できたのだから、素晴らしい夫婦愛を感じました」(芸能プロ関係者)

この夫妻は、辰夫の後ろをクラウディアさんが歩くという、亭主関白だという。

「料理好きな辰夫さんが自宅で料理をするときは、一から丁寧に作るので、クラウディアさんは“リクエストするのが申し訳ない”と思っていたそうです。テレビ番組で、彼が初めて妻のリクエストを受けたとき、クラウディアさんがとても喜んだといいます」(前出・芸能プロ関係者)

ほかにも、自宅に帰る35分前に必ず電話をする習慣が。

「それでクラウディアさんが炊飯器のスイッチをオンにするんだとか。夫婦間での会話なども少なくないようです」(前出・芸能プロ関係者)

このような日々の絆が早期発見につながり、辰夫の命を救ったのだ。それは、この夫婦だけに限らない。

「渡辺謙さんと南果歩さん夫婦は、南さんのすすめで人間ドックを受診し、渡辺さんのがんが発覚。それによって南さんも受診し、乳がんを早期発見できました。市川海老蔵さんと小林麻央さんも、2人で人間ドックを受けたことが乳がん発覚のきっかけです。パートナーへの気づきや声かけが健康につながるのです」(芸能レポーター)


 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT