「台湾で一番有名な日本人」の波乱万丈な人生

自衛隊やテレビ局を転々とし、台湾で開花

吉田皓一氏が「台湾イチ」になるまでの軌跡に迫る

台湾で最も有名な日本人――。現地で近年、そう呼ばれる人物がいる。台北でウェブサイト運営などの事業を手がける吉田皓一氏だ。

吉田氏は自身が立ち上げたジーリーメディアグループという会社の代表を務める。もっとも有名なのは、29歳だった2012年に立ち上げた、台湾人の視点で日本を紹介するwebサイト「樂吃購(ラーチーゴー)」だ。

同サイトは、SNSを連動させた読者参加型の口コミサイト。エンタメ、食、買い物、ホテル、インフォメーションを都道府県ごとに紹介する台湾版「食べログ」のようなものといえばイメージがつきやすいかもしれない。

現在はページビュー数が月間300万を超え、Facebookのいいね!獲得数は50万に迫る。開設から4年で日本の情報紹介サイトとしては圧倒的なシェアを獲得し、台湾のテレビを中心にメディアで何度も取り上げられている。

事業展開は幅広く、メディア運営のほかにも、行政・民間の台湾進出やPRを手掛け、近年では自国のスター選手である陽岱鋼選手が属する、北海道日本ハムファイターズの台湾人観戦者の増加にも一役買っている。吉田氏は、「僕のような一般人のいいね!数がこんなに増えて驚いています」と笑うが、イチビジネスマンがここまで他国で支持を得ているケースはほかに類を見ないのではないか。そんな吉田氏が、“台湾イチ”になるまでの軌跡に迫った。

現地のバーでニーズをつかみビジネスに

吉田氏の経歴は少し異色だ。奈良の高校を卒業した後、幹部自衛官を志して防衛大学に入学するものの、公務員的な働き方に希望が持てず、退校して慶応義塾大学経済学部へと進路転換。

一見エリートコースまっしぐらのように映るが、慶応在籍時はお酒に明け暮れる日々。結果的に単位が足りず留年も経験し、その半年間を利用して台湾へと留学した。それが思わぬ転機となった。日本からの留学生たちが勉学に勤しむ中、独学で中国語を習得した吉田氏は、台北のバーにアルバイトとしてもぐり込み現地の人脈を築いていった。

次ページ「日本から来た変なやつがいるバーがある」と評判に
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT