ギリシャの難民施設で火災、数千人が避難 先行き不安広がる

先行き不安広がる

 9月20日、ギリシャのレスボス島にある移民・難民キャンプで19日夜、火災が発生し、数千人が避難した。写真は現場にたたずむ移民、20日撮影(2016年 ロイター/Giorgos Moutafis)

[アテネ 20日 ロイター] - ギリシャのレスボス島にある移民・難民キャンプで19日夜、火災が発生し、数千人が避難した。火災でテントやコンテナが損壊した。

火災の原因は不明だが、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、劣悪な生活状況や、先行きに対する不安が広がっていることが背景とみられる。現地メディアによると、数百人が強制送還されるとのうわさが出ていたもようだ。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT