日本の持続的成長には「3本目の矢」が不可欠

シュヴァイツアー仏政府日本担当特別代表が語る

Louis Schweitzer●フランスの元高級官僚。大臣やファビウス首相(現外相)時代の官房長など歴任。1992~2005年までルノー会長兼最高経営責任者(CEO)を務め、民営化や日産自動車との提携を実現させた。現在は起業家への融資・支援を行う「フランス・イニシアチブ」の会長。

一方、国と国との関係でいうと、フランスは日本・欧州連合(EU)間の経済連携協定(EPA)の話し合いに関与しています。大事なのは「非関税障壁」と呼ばれるすべてのものに反対することです。障壁の存在が邪魔して、日本での販売が難しい製品がある。だから、減らさなければならない。
ただ、その解体に向けた作業量は膨大です。障壁はあまりにも多いからです。日本企業にとって、障壁は頭痛の種です。同時に、日本へ進出していない海外企業も悩ませています。

また、文化面での交流で気になるのは、言語の問題です。フランスに来ている日本の学生は約2000人。これに対して、日本在住のフランス人学生は800人程度にとどまっています。自らの経験に則して言うと、研究分野での両国間の交流が足りないと、より緊密な関係構築の足かせになってしまいます。

日本の持続的成長維持には3本目の矢が不可欠

――1998年にはルノーの最高経営責任者(CEO)としてカルロス・ゴーン氏を日産自動車へ送り込みました。当時に比べると、日本経済に大きな変化はありますか。

その答えは「ウイ」でも「ノン」でもあります。ルノーが日産と提携した当時、日産は非常に厳しい状態でした。これに対して、トヨタ自動車やホンダは好調。日本の経済も持続的な成長局面にありました。それから約15年が経ち、日産の状況は改善しました。ところが、日本経済は成長の道筋を見い出せないままです。

次ページ日本のアベノミクスをどう考える?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT