ヒラリーが病気になったのは不思議ではない

大統領選は「病気になる要因」だらけだ

今年前半、共和党の大統領候補予備選に出馬したテッド・クルーズ上院議員の上級顧問を務めたアリス・スチュワート氏の記憶によれば、選挙運動のなかで数回にわたってクルーズ候補の記者会見を記録していたが、そのあいだ彼女はずっと咳き込んでばかりだったという。

クルーズ候補の選挙運動用の飛行機は「空飛ぶウィルス培養皿」だったと彼女は言う。「とにかく無理矢理にでも乗りきるしかない。遊説で回っているあいだは家に帰れないのだから」

クリントン陣営の側近によれば、ここ数週間、ブルックリンの本部に詰めているスタッフ数人が病気になり、治療が必要になったという。

カンザス大学で肺疾患の研究を専門とするスティーブン・シンプソン氏は、大統領選の候補たちは特に病気にかかりやすいと言う。

「普通の患者は、余裕があれば、その週は休んで職場へ完全復帰する」と同氏は言う。「だが、大統領候補にそうしろと言えるだろうか」

オバマ氏のハンカチ

オバマ大統領は2008年8月、民主党の全国党大会直前に風邪をひいた。ユーチューブに掲載されている動画には、ある党員集会でクシャミをしているオバマ氏の姿が映っている。「だから私はハンカチを持ち歩いていた」とオバマ氏は言う。

「候補や陣営幹部はみな病気にかかる。だが何日も休むというわけにはいかない」とオバマ氏の元側近ダン・ファイファー氏は語る。「ビタミンCを取って、よく寝るよう努める。だが、これでは負け戦だ」

2008年の大統領選をオバマ氏と争ったジョン・マケイン氏の場合、遊説に医師の友人を帯同することがあった、と陣営幹部だったスティーブ・シュミット氏は話す。

「ホワイトハウスや大統領選の陣営で働く上での秘密の1つは、そこで出回っている薬の数が、これ以上ないほど、エルビス・プレスリーのツアーに近いものがあるということだ」とシュミット氏は言う。「常に、思いつく限りの抗生物質と風邪薬、ありとあらゆる薬を詰め込んだ大きなバッグを持ち歩いていた」

次ページミット・ロムニー氏も呼吸器系の疾患に
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。