大塚家具、ニトリ真向いガチンコ出店の狙い

千葉・船橋でイケアも加わり「家具戦争」勃発

同じショッピングセンターの同じフロアで、大塚家具とニトリが向かい合うことに。ニトリは7月15日、大塚家具は9月15日に出店した。

千葉・船橋を舞台に“家具戦争”が勃発か――。

業績悪化に苦しむ「大塚家具」が9月15日、JR京葉線・南船橋駅近くにある大型ショッピングセンターのビビット南船橋に、新店をオープンした。同じフロアの真向かいには、なんと、同業最大手で業績好調の「ニトリ」が7月15日に出店済みだ。対照的なライバル2社が全国で初めて、同じフロアで顔を合わせることになった。

しかも目と鼻の先には、世界最大手スウェーデンの「IKEA(イケア)」が10年前に日本上陸1号店として開業した、大型家具店「IKEA Tokyo-Bay」(旧IKEA船橋)が鎮座。さらに、「東京インテリア」「かねたや」など、競合大型店も近隣にある。全国屈指の家具激戦区で、後発で殴り込みをかけた大塚家具に、果たして勝算はあるのだろうか。

次世代型の中小型店を多店舗展開

画像を拡大
大塚家具の南船橋店は人気商品に絞って展示している。対面にはニトリの店舗が映る

事のきっかけは、ビビット南船橋が大規模リニューアルに合わせ、家具2店を誘致したことだった。同市初出店となるニトリがまず7月、「かねたやルームデコ」の跡地で、賃貸面積約4100平方メートルの広さで出店。その後を追うように今回、大塚家具が「ミスターマックス」の跡地に約4600平方メートルの広さで出店した。大塚家具は2010年に、千葉市の幕張ショールームを閉店しており、約6年ぶりに千葉県内に再進出する。

9月14日に記者会見した大塚家具の大塚久美子社長は「周辺には家具専門店がたくさんある。お客様は買い回りされると思うので、大塚家具らしさを意識してやっていきたい」と語った。

大塚家具にとって、この新店は今後を占う重要な店舗だ。これまでは1万平方メートルを基準にした大型店を主力にしてきたが、今回の店舗面積はその半分以下。今後はこうした3000~7000平方メートルを標準店舗と位置づける方針で、南船橋の店舗は次世代店舗の1号店となる。大塚社長は「店舗政策を抜本改革する。大型店を絞り込む一方、中小型店を積極的に出していく。多店舗化していくことで、お客様が行きやすい店舗にしていく」と断言する。

次ページ結婚時のまとめ買いは時代遅れ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT