まるでハリウッド映画、情報を指で自在に

富士通研究所が新技術

手によるジェスチャーや音声認識、視線による操作など、ここ数年で、パソコンなどIT機器の操作方法が一段と広がりを見せる中、富士通研究所が、指によるさまざまな操作を高精度・高速に検出する技術を発表した。

プロジェクターと組み合わせると、テーブルの上に置かれた書類を指でなぞって電子データ化したり、タッチしたパンフレットの細かな情報を表示したりすることができる。まるでハリウッドのSF映画のようだ。

2つのカメラを使い、三次元で把握

ユーザーが直感的に操作するためには、指先の位置を正確に把握する必要があった。そこで、今回の技術では2つのカメラで指を認識し、どの位置にあるかを三次元で把握する。分厚い本の上でも、正確に位置を追跡することができる。また、個人ごとに肌の色を抽出するなど、安定して指を認識する技術が盛り込まれている。「紙の資料やノート・ペンといったアナログ情報とICTとうまく連携させたい」と富士通研究所の鈴木祥治メディア処理システム研究所長は言う。

実際にはどんなふうに操作するのか。写真で解説しよう。

カメラがついた小型プロジェクターを使用する

パンフレットのキーワードを認識して光らせる
次ページさらに詳しく?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT