まるでハリウッド映画、情報を指で自在に

富士通研究所が新技術

手によるジェスチャーや音声認識、視線による操作など、ここ数年で、パソコンなどIT機器の操作方法が一段と広がりを見せる中、富士通研究所が、指によるさまざまな操作を高精度・高速に検出する技術を発表した。

プロジェクターと組み合わせると、テーブルの上に置かれた書類を指でなぞって電子データ化したり、タッチしたパンフレットの細かな情報を表示したりすることができる。まるでハリウッドのSF映画のようだ。

2つのカメラを使い、三次元で把握

ユーザーが直感的に操作するためには、指先の位置を正確に把握する必要があった。そこで、今回の技術では2つのカメラで指を認識し、どの位置にあるかを三次元で把握する。分厚い本の上でも、正確に位置を追跡することができる。また、個人ごとに肌の色を抽出するなど、安定して指を認識する技術が盛り込まれている。「紙の資料やノート・ペンといったアナログ情報とICTとうまく連携させたい」と富士通研究所の鈴木祥治メディア処理システム研究所長は言う。

実際にはどんなふうに操作するのか。写真で解説しよう。

カメラがついた小型プロジェクターを使用する

パンフレットのキーワードを認識して光らせる
次ページさらに詳しく?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。