前財務事務次官の勝氏、IIJ社長に

鈴木会長と“二人三脚"だが、手腕を不安視する声も

前財務事務次官の勝栄二郎氏(左)が社長に就く(右は会長兼CEOに就任する鈴木幸一社長)

インターネットイニシアティブ(IIJ)は3月28日、鈴木幸一社長が会長兼CEOに就任、特別顧問の勝栄二郎(かつ えいじろう)氏が社長兼COOに就く人事を発表した。6月の株主総会を経て正式に決定される予定だ。鈴木氏は引き続き事業全体を統括し、技術開発分野を主管する。勝氏は海外事業の強化などに取り組む。「勝さんと二人三脚でやっていく」(鈴木社長)。

IIJは法人向けを中心に、さまざまなネット環境を提供、最近ではクラウドサービスや海外展開にも本腰を入れている。同社は日本における商用インターネット接続の草分けで、鈴木社長はネット黎明期から業界を支えてきた「ご意見番」的な存在だ。

ドコモ超え、意識したが・・・

新たに社長を迎えるにあたり、鈴木社長は「IIJはネットを商用化するために設立した会社。技術革新によってNTTドコモなどの携帯電話会社より大きく成長できると考えていたが、そこまでは拡大できなかった。売上高は1000億円規模になったが、経営者としては忸怩たる思いがある」と話した。一方、会社が安定して経営できる状況になったことで、「もう一度、世界のインターネットのイニシアティブをとれるよう、技術革新でリードしていく」と決意を語った。勝氏に関しては、「技術屋でない発想で会社や業界を発展させて欲しい」と期待を寄せている。

今回、社長に就任する勝氏は、1975年に大蔵省に入省し、その後財務事務次官を経験した官僚出身だ。昨年8月に退官し、11月にはIIJに特別顧問として入社している。「始めて会ったのはいつか忘れてしまった。たまに酒を飲む関係」(鈴木社長)という。

次ページ勝氏の抱負は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT