英メイ首相すらわからないEU離脱の「作法」

ブレグジットが意味することとは

(写真:Damir Sagolj/ロイター)

7月に就任した英国のメイ新首相の前途には大きな壁が立ちはだかっている。それは英国民が選択したブレグジット(EU〈欧州連合〉からの離脱)の要求に応えることであり、その負の影響をなるべく抑えることである。メイ首相は賢明でタフさも備え、社会奉仕の意識も高い。私が知るかぎり与党保守党に敵は少なく、国民からの人気も高い。彼女ならこの難局を乗り越えられると信じている。

メイ首相はこれまでEU離脱の撤回を明確に否定してきた。「離脱するといったら離脱する」。そう何度も強調するメイ首相に閣僚も同調している。英国はブレグジットに向けて着々と動きだしている。

不明瞭な「ブレグジット」の定義

だが、メイ首相は「ブレグジット」が何を意味するのか、その定義をまだ明確にしていない。今後の一番の課題はそこにある。

ブレグジットといっても英国内には外国人労働者の流入制限に対して強い関心を持つ人もいれば、欧州単一市場へのアクセスをどう維持するかに主眼を置く人もいる。

その定義を明確にしないまま離脱交渉に臨んでも、得るものは乏しいだろう。EU加盟国はおのおのに政治的および経済的な利害があり、どの国もそれを保護したいと望んでいる。EUや加盟各国が自身に見返りのないまま離脱の恩恵だけを提供してくれることはないはずだ。

次ページ「分裂」した国が直面する課題
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。