「アメトーーク!」、ロングヒットの秘訣

テレビ朝日の加地プロデューサーに聞く

かぢ・りんぞう
1969年生まれ。テレビ朝日編成制作局制作1部に所属。ゼネラルプロデューサーとして「アメトーーク!」や「ロンドンハーツ」など20~30代に人気のバラエティ番組を手掛ける。著書に『たくらむ技術』(新潮社刊)がある。

――どうやれば、長続きできる?

飽きられないようにつねに新しいものを生み出す必要があります。僕の場合は、番組が高視聴率をマークしているときにあえて、失敗のリスクを取って新しいことにチャレンジしてます。調子がいいときは、気持ちに余裕があるからだ。余裕があるときに新しい演者を投入してみる、新しい企画を仕掛けます。失敗しても余裕があるから、失敗を教訓として生かすことができる。

「ロンドンハーツ」の例を挙げると、お笑い芸人、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんとチュートリアルの徳井義実さんを中心に「恋愛観を語る」企画をやったことがありました。火曜9時台に放送する「ロンドンハーツ」は通常、視聴率13%前後だが、恋愛観を語る企画は7%と急激に落ち込んだ。

この大失敗から学んだのは、ロンドンハーツという番組に視聴者が求めるのはドキュメンタリー性だということ。新鮮さを求めて、トークを中心にしたところ、視聴者が離れてしまった。「この後どうなるんだろう?」というドキドキ感や、芸人たちが言い争う姿にハラハラする企画が、ロンドンハーツという番組のフォーマットには適しているということがわかりました。この企画以降は、高視聴率をキープすることができています。

演者とスタッフ、何でも言い合えたほうがいい

――今、番組制作で力を入れていることは何でしょう?

人材の発掘です。10年ほど前、テレビ朝日は、人気の大物芸能人を数多く呼べる体制ではありませんでした。当時、まだ中堅クラスのお笑い芸人だった、さま~ず、雨上がり決死隊、くりぃむしちゅー、ネプチューン、土田晃之、劇団ひとり、タカアンドトシ、ロンドンブーツ1号2号などは、番組制作の現場で、演者としてスタッフとともに成長してきた経緯があります。

演者とスタッフが対等に何でも言い合える環境が、バラエティ番組の制作に好影響を与えていると思っています。そのため、10年後のテレビ朝日を牽引する高視聴率番組を作るには、若い人材を発掘して育てることが必要だと感じています。

具体的にいうとロンドンハーツでは、ドッキリを仕掛ける番組の企画で人気のお笑い芸人、狩野英孝さんやフルーツポンチ村上健志さんに続く「未来のドッキリ芸人を発掘」する企画をやった。アメトーーク!では、特定のお笑い芸人の面白さを「この芸人さんの面白いところはここですよ」と、視聴者にわかりやすく伝える、いわば「笑いの通訳」をするような企画を今後もやっていきたい。

次ページ若い世代へどう訴える?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 人生100年時代を生き抜く働き方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 離婚親の選択
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング