ソフトバンクの大型買収、エリクソンにも利点

ハンスCEOを直撃、日本市場への取り組み方

スウェーデンの通信機器大手、エリクソン・グループのハンス・ヴェストベリ社長兼CEOは東洋経済の取材に応じ、競争が激化する中、日本市場にはさらに高効率の技術を提供していくと語った。

インタビューの冒頭、ハンスCEOは以下のように切り出した。

18年には世界人口の90%がモバイルブロードバンドへ

エリクソンのネットワークに関して、2012年末時点でモバイル加入数は63億を達成し、モバイルブロードバンド(現在主流の3GやLTE、WiMAXなどの各種無線通信サービス)の加入数も15億を達成することができた。この勢いは止まることはないだろう。エリクソンでは、18年にモバイル加入数が90億、モバイルブロードバンド加入数は65億に達すると見ている。全世界のモバイルユーザーうち、スマホ利用者は15~17%なので、利用者はまだ増加していくだろう。

自動車、船舶、物流、金融機関、サービスなど、どの業界を見ても、モバイルブロードバンドを用い、どうビジネスを改善させるかということに腐心している。18年には世界中の人口の90%がモバイルブロードバンドにアクセスできようになり、ヘルスケアや教育などが世界中に行き渡るようになるとみている。

つまり、今後も需要は広がっていく。取引先である携帯電話会社がどういった選択肢をとるかにもよるが、エリクソンも進化していかないといけない。エリクソンはネットワーク・モバイルインフラ業界において、シェアナンバーワンを維持していく。

 ハンスCEOとの一問一答は以下のとおり。

――世界市場で、通信機器メーカーの競争環境はどのような状況か?

10年前なら、どの会社も同じポートフォリオで、戦略面も大きな違いはなかった。だが、競争環境は著しく変化してきた。現在の直接の競合は中国の企業だろう。サービスではIT企業、もしくはコンサルティング会社だ。エリクソンは、さまざまな市場に入り込んでいるため競争相手も多い。ただ、競争はあるのが自然だろう。

次ページ中国企業と異なる強みは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT