パナソニック津賀社長、“赤字撲滅"を宣言

新中計を発表、プラズマ撤退は言及せず

同時に発表された人事では、大坪文雄会長が6月26日付けで退任し、特別顧問に就任することとなった。新会長にはパナソニック電工出身の長栄周作・現副社長が就任。大坪氏の突然の退任発表について、津賀社長は「大坪の自分の意思。それ以上のなにものでもない」と話した。

中村・大坪体制の時代から本格的に決別した新生パナソニック。“津賀改革”の成否が今後問われることになる。

会見での主な一問一答は以下のとおり。

撤退は最後の判断

――新中期計画では売上高の目標が明示されていない。あえて明示しなかったことは、規模を追求しないという社長の考えか。また赤字事業の止血について、プラズマテレビ、携帯電話事業など、不採算事業からの撤退についての考えは。

たしかに今までの中計と違い、売上高目標がない。意図的に作らなかった。もちろん現場の積み上げでできた売り上げ目標はある。ただし、事業部がどんな売り上げをイメージしているかの積み上げで、マクロのパナソニックの売り上げを求めることはやらない。マクロはマクロのポジションで、目標を設定する。売り上げを追うことで、従来の延長線上となり、体質転換が図れなくすることは避けたい。売り上げも利益も追うようでは、現場ががんじがらめになる。

また、赤字の止血についてだが、事業から撤退して止めるというのは、ほんとうに最後の判断。いろんな意味において、まずい状況が撤退ということ。今日、テレビについては、2015年度に赤字を解消するという話をした。単に撤退だけしたら赤字は消える。そうではなく、なんとか事業を継続しながら、赤字を消すという決意。携帯電話についても同じ。事業撤退という安易な選択は採らない。ただ、赤字の垂れ流しは止めるということは明確に表明する。

次ページ成長戦略の課題は?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT