ロボットアドバイザーでおカネは増えるのか

「フィンテック」という言葉がもたらす錯覚

160通り程度のデータであれば、市販の計算ソフトで十分に処理できるものであり、コンピュータの計算能力の向上とはあまり関係のないものになる可能性もある。

ということは、最近メディアで取り上げられることが多くなっている「ロボットアドバイザー」のうち、多くは、人間が出来ないようなすごいことを「ロボット=コンピュータ」が行えるようになったのではなく、本来は人間が出来ることを「ロボット」にやらせるようになっただけかもしれない、と言える。

それは「ロボットアドバイザー」の提案の方が、顧客に対して人の提案よりも客観性が高く、信頼がおけるような印象を与えられるというビジネス上の戦略が含まれている可能性を否定できない。

もしこうした見方が正しいとしたら、「ロボットアドバイザー」の浸透は、「ロボットアドバイザー」の信頼が上がったのではなく、人間への信頼が低下したという悲しむべきことでもある。

ロボットは資産運用の世界で人間に勝てるのか?

東京証券取引所がまとめた2015年の投資部門別売買状況によると、現物株の委託取引における個人投資家の売買シェアは、23.2%にとどまっており、それ以外は海外投資家や年金資金を中心とした機関投資家主体の市場となっている。

機関投資家や年金資産は「年齢」や「投資経験」に関係なく、取引に参加している投資家である。複雑な市場環境の中で「年齢」や「投資経験」という2つの質問事項による160通りの分類で、最適な資産配分を提案できると考えるのは、果たして賢明なことだろうか。質問事項が多少増えたとしても、本質的には変わらない。このことは、少し立ち止まって考えれば、専門家でなくとも十分判断できるのではないだろうか。

では、本当に資産運用の世界で「ロボット=コンピュータ」が人間を凌駕することが出来るだろうか。

筆者は、個人的にはそれは将棋や囲碁に比較すると、極めて難しいと考えている。なぜか。

次ページ資産運用は「敵との戦い」ではない
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT