人材活用ランキング、首位はソニーと東芝

2013年版「CSR企業ランキング」部門別ベスト30

財務で首位は国際石油開発帝石

財務は、先日発表した新・企業力ランキングと同じデータを使用。収益性、安全性、規模の3分野、合計15項目で評価した。トップは国際石油開発帝石。2位NTTドコモ、3位武田薬品工業と続く。

30社のうち総合10位にランクインした企業は5社。財務力があり、CSRにも力を入れる企業が増えている。

さて、持続的にCSR活動を進めるためには、財務力は欠かせない。本業でも適正な利益を上げ、CSR活動にも励む。こうした姿が「信頼される会社」として長く存続するために必要なことといえるだろう。

次ページ調査項目の詳細
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。