QE3の運用は裁量的にならざるをえない

3月FOMCでも定量的な判断基準は示せず

「コスト・ベネフィット分析」に関わる道路標識についても、同様の問題を抱えている。たとえばコストに関しては、金融市場機能への影響、将来の出口戦略への影響、FRBが保有する債券の価格やFRBの利潤(ひいては財務省への納付金)への影響、バブルのリスクなど、QE3が引き起こしかねないコスト項目(すなわち道路標識の種類)はおおよそ定まっている。

しかし、これらの項目をどう判断し、項目ごとの判断をどう比較考量するのかが不透明だ。そしてそもそも、QE3がもたらす経済へのプラス効果についてさえ、FOMC参加者の間で「合意がない」(バーナンキ議長)のである。

 ルールと裁量の両刀遣い

最初の利上げを決める金利ガイダンスに閾値を導入したのとは異なり、QE3の運営について、FOMCは今回も定量的な閾値を示せなかった。とは言え、金利政策ですら、最後は裁量的判断に委ねられる仕組みだ。「閾値が満たされれば即利上げ」というわけでなく、最初の利上げを考慮するための基準に過ぎないことは、今回の記者会見でも強調されている。バーナンキ議長率いるFOMCは、明確なルールの提示を志向しているように見えるものの、裁量的判断を軽視しているわけではない。

QE3について「数値ガイダンスがあれば越したことはない」し、「情報提供の努力は続ける」(共にバーナンキ議長)というが、現実には難しそうだ。つまり、QE3の運用にはかなりの裁量が働くと考えられ、「QE3がいつまで、どのように続くのか」についてはFOMC参加者らの発言に注意深く耳を傾ける必要がありそうだ。そうした発言次第で、QE3に対する市場の期待は大きく変わる。つまり、金融政策の透明性向上の努力が、かえって金融市場のボラティリティを高めてしまうおそれがある。QE3は難しい課題をFOMCに突きつけている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT