iPhone7超予測!「次の10年への刷新」の全貌

9月7日発表のiPhoneは何が変わるのか

しかし、見方を変えれば携帯電話のカメラが進歩し、補助的な使い方から思い出を記録する、ライフスタイルを演出する重要なツールになったうえ、ユーザーが以前よりもカジュアルに大量の写真を撮影するようになったことで、デバイスそのものに写真の自動分類や顔識別機能を求めるようになった……とも言えるだろう。

写真分類だけならば、“たまたま今回搭載された”と言えるだろうが、上記のような視点でiOS 10を俯瞰(ふかん)するとiPhone自身がもたらした時代の変化に合わせ、iOSの設計や思想が古くなりつつあった部分を再調整、再設計して作り直したという印象を持った。

メッセンジャーの改良も、さまざまなメッセージ交換アプリが持つ機能を取り入れただけとも見える一方、スマートフォンの普及によってアニメーションスタンプなど、リッチなメッセージ交換を誰もが使うようになり、結果的にメッセンジャーに取り込まれたとも言える。

時代の変化に対応し、iPhoneは刷新される

もちろん、従来の使い方の範囲を逸脱するほどの大手術が行われているという意味ではない。しかし、どんなに新しい先進的な提案も、時代が変化しユーザーを取り巻く環境が変われば、いつしか古さを感じるようになるものだ。アップルの場合、自身が生み出した商品や技術によって世の中を変えたのだが、それが結果的にアップルの提案を過去のものにしている。

そうした部分に対し、細かな微調整ではなく、基本ソフト側の刷新という面で応えようとしたのが、今年のアップルではないか?というのが筆者の見立てだ。

ただし、繰り返しになるが、まだハードウエアは発表されていない。9月7日、サンフランシスコで披露される新しいハードウエアとiOS 10の組み合わせに、あるいは両要素の組み合わせでしか実現できないまだ隠された提案を期待したい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。