資生堂、実力会長トップ復帰の「真相」

キーマンの社外取締役が“独占激白"

資生堂が揺れている。体調不良を理由に就任わずか2年で末川久幸社長が退任、代わりに4月から前田新造会長が社長を兼務する。業績が低迷する中で、実力会長のトップ復帰という異例の事態について、3月11日に開かれた社長交代会見では釈然としない説明がなされた(関連記事はこちら「資生堂、社長交代のチグハグ」「資生堂は“負の遺産”を清算できるのか?」)。
交代の裏側では、いったい何があったのか。前田氏を推薦したキーマンが、東洋経済の独占取材に口を開いた。資生堂の社外取締役を務める、早稲田大学教授の上村達男教授である。
上村氏が明かした、異例のトップ交代の「真実」とは――。

私(上村氏)を含む資生堂の社外取締役3人、社外監査役3人のいわゆる独立役員は、3月31日付で退任する末川久幸社長の後任に、一致して前田新造会長を推薦した。この間の状況については、3月11に資生堂が開いた記者会見だけでは、資生堂の社員・関係者がその趣旨などを十分に理解することができたかどうかの懸念もあるので、あえてこのインタビューに応じることにした。

もともと私も記者会見の場に待機しており、この種のことについて厳しい質問があった場合には、私自身が説明をすることも考えていたという事情もある。

前田氏は会見で話していたとおり、当初から社長に戻ることなど考えていなかったのは事実で、初めはこちらの要請を固辞したが、最後にはこの役どころを受け入れた。

末川社長が辞任するのは体調不良のためだが、この間資生堂の業績悪化等の責任を痛感して大いに悩まれていたのも事実であり、取締役会でも問題が数多く指摘されていた。しかし、この間の経営については、前田会長が敷いてきた路線を踏襲してきたことも明らかであり、やはりもっとも責任を痛感すべきは前田会長なのではないかという声が大きかった。その前田会長を末川社長の後継に指名することについては、十分な説明がないと理解し難いように思われる。

次ページ資生堂の経営に「問題あり」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT