リーガルが快進撃を続ける3つの理由

“武骨"でありながら“柔軟"に

理由の2つめは、婦人靴の強化である。同社は紳士靴のイメージが強いが、ここにきて婦人靴の売り上げを伸ばしており、直近の婦人靴の売上高比率は約30%にまで高まっている。OL層のリピート率が高い米国ブランド「ナチュラライザー」については女性だけの専門部隊を2年前に新設し、展開を加速。全国12店舗の直営店だけでなく、最近は百貨店などへの卸売も増やす。リーガルブランドで履き心地を重視した「リーガルウォーカー」についても、婦人向けの今期売り上げが前年比で200%という勢いだ。

3つめの理由は、卸売り事業の拡大である。百貨店や専門店に対し、共同企画やコラボレーションなどオリジナルアイテムの提案を積極化し、取扱い店舗数を拡大している。テナントの中にリーガルのスペースを確保する「ショップ・イン・ショップ」という売り場形態も増やしており、現在全国4店舗のみの展開だが、近々もう2店舗増設も視野に入れているようだ。

「品質重視」で復活

2010年3月期には最終赤字に転落するなど業績が低迷していたリーガルを建て直したのは、10年4月に就任した岩崎幸次郎社長だ。同社で初めての製造畑出身者である岩崎社長は、消費者の低価格志向が鮮明な状況下であるにもかかわらず、「品質重視の徹底」を経営方針として掲げた。「品質を下げず」「値段を変えず」と社内で宣言し、東北4工場での国内生産を貫いた(現在、国内生産比率は約9割)。精神は“武骨”でありながらも、婦人靴強化などの柔軟な施策を打ち出す。この硬軟併せ持つ戦略が、ここにきて効果を発現しているのだ。

会社は今13年3月期業績について、売上高352億円(前期比0.1%増)、営業利益21億円(同13.7%減)と、減益の計画だ。ただ、足元の販売は順調に推移しており、業績上振れは必至であろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT