北朝鮮でも自分のスマホで、国際電話できた!

爆風スランプのドラマー、ファンキー末吉氏が実証

――情報端末に関する技術では、他国と差がないように思えますね。

その通り。私が不思議に思うのは、ミサイル発射や核実験などで国を孤立させる一方で、携帯電話やパソコンなどのITの分野をはじめ、逆に外国人に門戸を開くようなことを北朝鮮が行っていることだ。このギャップは何か。政治や経済の専門家から話を聞きたいぐらいだ。

日本は、北朝鮮に関する情報を忌避するような雰囲気が感じられるが、逆に北朝鮮はどん欲に外国からの情報を得ようとしているのではないか。実際に、私が教えている高校生たちの楽器演奏も、訪朝するたびに教えていないプレーを覚えて実際に弾いていることがわかる。北朝鮮は、外国の情報をしっかりつかんでいると思わざるを得ない。(ファンキー末吉氏によるタブレットPCの紹介はこちら

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドラッグストア再編第2幕<br>マツキヨ+ココカラに続くのは…

スギHDが先手を打ったココカラファイン争奪戦は、マツモトキヨシHDの勝利で決着。1月をメドに新たなトップ企業が誕生します。数年内に3社程度への集約が見込まれる次の再編の焦点は? 首位を追われるツルハHDのトップ直撃も。