北朝鮮でも自分のスマホで、国際電話できた!

爆風スランプのドラマー、ファンキー末吉氏が実証

――情報端末に関する技術では、他国と差がないように思えますね。

その通り。私が不思議に思うのは、ミサイル発射や核実験などで国を孤立させる一方で、携帯電話やパソコンなどのITの分野をはじめ、逆に外国人に門戸を開くようなことを北朝鮮が行っていることだ。このギャップは何か。政治や経済の専門家から話を聞きたいぐらいだ。

日本は、北朝鮮に関する情報を忌避するような雰囲気が感じられるが、逆に北朝鮮はどん欲に外国からの情報を得ようとしているのではないか。実際に、私が教えている高校生たちの楽器演奏も、訪朝するたびに教えていないプレーを覚えて実際に弾いていることがわかる。北朝鮮は、外国の情報をしっかりつかんでいると思わざるを得ない。(ファンキー末吉氏によるタブレットPCの紹介はこちら

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT