日経平均、リーマンショック前の株価回復へ

「会社四季報」発売前に、「先取り98銘柄」教えます

一方、欧州でも英国のFT100指数が07年7月以来の高値に到達。ドイツのDAX指数も08年1月以来の水準まで値上がりするなど、先進国は「同時株高」の様相を呈する。

先進国の株価は「通貨安競争」の産物

これに対して、新興国の株式相場は総じてさえない。中国の上海総合指数は2月6日に2434ポイントまで上昇した後、3月4日には2273ポイントまで下落。値下がり率は約7%に達した。ブラジルのボベスパ指数も1月17日につけた直近の高値から約10%の値下がりを記録。インドのSENSEX指数も軟調に推移する。

中国政府による不動産の価格抑制策などをきっかけに、同国株が軟化。他の新興国の株式市場にも飛び火した格好だ。

ただ、中国経済の失速は、先進国の株式市場にとっても懸念材料のはず。にもかかわらず、株価が堅調なのはなぜか。新興国側からすれば、先進国の株高は「通貨安競争の産物」と見ることができるかもしれない。

2月にモスクワで開かれた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で

は、「通貨切り下げ競争の回避」を明記した共同声明を採択したものの、新興国からは先進国に対する強い不満が噴出。対立の火種は依然としてくすぶり続ける。“株価の二極化”が両陣営の確執という“副作用”をもたらすリスクには警戒が必要だ。

4日に発売した臨時増刊、超速報!『会社四季報』春号先取り98銘柄では、同15日発売予定の四季報春号の業績予想データや記事をベースに厳選した有望銘柄を幅広く紹介している。株式相場を半世紀近く見続けている大ベテランによる日本株の見通しなどもあわせて取り上げている。実践に役立てていただければ幸いだ。

(撮影:尾形 文繁)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT