東芝、早速の「上方修正」でも続く綱渡り経営

株主資本比率はまだ1ケタ台にとどまる

最悪の状況は脱したようだが、まだ油断はならない状況だ(撮影:尾形文繁)

「株主資本は非常に厳しい」――。東芝の平田政善CFO(最高財務責任者)は、好決算にも関わらず神妙な面持ちで話し、まだ厳しい状況であることを強調した。

東芝は8月12日、2017年3月期第1四半期の決算を発表した。売上高は1兆2074億円(前年同期比1.9%減)、営業利益は201億円(前年同期は65億円の赤字)と急改善した。

売上高は円高のあおりを受けたほか、テレビやPC事業の販売台数の大幅な絞り込みにより減収となったものの、営業利益は黒字転換を果たした。前期の7191億円の巨額営業赤字からV字回復を目指す東芝にとって、好スタートを切ったように見える。

業績改善の主要因はリストラ効果

だが、利益改善の主要因は、前期までに実施した1万人を超える人員削減や赤字事業の撤退など、構造改革と賞与減額による効果が大きい。この2つで562億円、営業利益を押し上げている。平田CFOは「想定よりも多くの方が辞められている」と話し、リストラ効果が出ていることを説明した。

終始厳しい表情で決算説明会に臨んだ平田政善CFO

肝心の事業面はどうか。電力関連やインフラなどで改善を見せたものの、東芝の収益を支える半導体のNAND型フラッシュメモリ(フラッシュメモリ)は円高の影響を受け、前期から営業利益で256億円悪化し、173億円となっている。第1四半期だけをみれば、構造改革が大きく寄与した格好だ。

冒頭の平田CFOの発言のとおり、株主資本比率も依然として厳しい。2016年3月末の6.1%からは着実に改善しているものの、6月末で7.0%にとどまっている。改善度合いが鈍かったのは、円高により、海外子会社にかかわる資本の目減りが発生してしまったからだ。

次ページ最悪期は脱したようだが・・・
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。