サマンサタバサ、静かなる“出直し"

不振事業を次々と整理、本業に立ち返る

一方、本業の「サマンサタバサ」ブランドは堅調だ。東洋経済の取材によると、クリスマスでプレゼント需要の高い12年12月の既存店売上高は前年同月比2ケタ増。例年、利益の大半を稼ぐ第4四半期(12~2月)のクリスマス商戦は、主力のバッグを中心に上々の結果を残している。ジュエリーも積極的な宣伝活動が効き、足元の動きは好調だ。

多角化の要諦は本業との関連性

サマンサタバサに限らず、M&Aにしても新規で立ち上げるにしても企業の多角化は一筋縄にはいかず、失敗する例は多い。多角化に成功する際のポイントは、強みを持った本業で培ったノウハウを生かせるかどうかである。その点で、サマンサタバサは本業とは関連の薄いネット通販や高級セレクトショップでは、苦戦を強いられたといえる。

一連の事業整理は、そうした反省に立った静かなる“出直し”といえるだろう。すでに走り出した新年度(13年度)以降、強みのある本業に立ち返り、これをいかに生かしていけるかが、再成長のカギとなる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 女性の美学
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。