リオ・サッカー男子、日本代表は黒星スタート

ナイジェリアに大量5失点

8月4日、リオデジャネイロ五輪は5日の開幕に先立ち、サッカー男子の1次リーグが4日始まり、B組の日本はナイジェリアに4─5で敗れた。写真はボールを競り合う遠藤。マナウスで撮影(2016年 ロイター/BRUNO KELLY)

[4日 ロイター] - リオデジャネイロ五輪は5日の開幕に先立ち、サッカー男子の1次リーグを4日に行い、B組の日本はナイジェリアとの初戦を4─5で落とし黒星スタートとなった。

日本は前半6分に先制点を決められたものの、その3分後に興梠慎三がPKを決めて追いついた。同10分に勝ち越し点を奪われると、その3分後に南野拓実がGKの股を抜くシュートで同点としたが、前半終盤にまたもリードを許した。

後半に入ってもナイジェリアの勢いは止まらず、日本は開始6分にPKを与えて点差を広げられると、同21分にはGK櫛引政敏のクリアしたボールを押し込まれて5失点目。日本は同25分に藤春広輝のクロスを途中出場の浅野拓磨が決め、アディショナルタイムには鈴木武蔵のゴールで1点差まで迫ったが、反撃もそこまでだった。

試合後、手倉森誠監督は「手倉森ジャパンらしくない打ち合いの展開になってしまった。点は取れている分、守備を修正して次に進めれば。反省するところを反省すれば、締まったゲームになる」と語った。

同組のスウェーデンとコロンビアは2─2で引き分けた。コロンビアが前半17分に主将テオフィロ・グティエレスのゴールで先制すると、スウェーデンも2点を決めて逆転したが、コロンビアは後半30分にPKで同点に追いついた。

日本は7日(日本時間8日)にコロンビア、10日(同11日)にスウェーデンと対戦する。

*内容を追加しました。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT